簡潔にやさしく言うことの大切さ(易の考え方)

乾は易をもって知り坤は簡を以て能くす

繋辞上伝にある孔子の言葉です。

易は日と月の合わさった文字

万人にあるのが太陽と月

つまり、誰にでもわかる言葉であるということが

とても大事なことだと言います。



宗教とか業界用語とか

この人はなにしゃべってるの?

というような会話ではいけないのです。


相手にわかるように、

やさしく、いうこと。


ですから、日常でもごちゃごちゃしだしたら

(もめ始めたら)

簡単な言葉で言うのが効果的です。

ごめんなさい

すみません

お願いします

のように。

また、

「それは駄目です」と断るような場合は

明るく、うれしそうにいうのがコツです。


参天両地という四書五経の「中庸」にある言葉は

まさに天と地がそろって産になるという意味。

簡単にやさしい言葉でいうと

全てが産まれてくるということです。

財が産まれたり、資が産まれたり。

つまり成果が出るということです。


天は乾(けん)で易の陽極 陽の一番強い卦

地は坤(こん)で易の陰極  陰の一番強い卦です


指圧でも、コリかハリですよね。

使い過ぎて張っているのが陽だとしたら

うっ血して滞っているのが陰。


陽が原因でハリ、

陰が原因で滞るのですね。


やり過ぎている人には

「そんなことしちゃイカン(易簡)」のいかんは

ここから来るのだそうです。


パートナーとの間もそうですね。

相手にわかりやすい言葉で

やさしく、明るく、端的に言って

向こうとの間に風を通すことで
(簡は竹の間で見通しが良いという文字)

コミュニケーションが成立します。

こちらは言ったつもりでも相手に届いてなかったら

意味がありません。



大衆に支持されるのに一番大事なのが

わかりやすく簡潔にすることなのですね。


人間も難しいのは駄目です。

だからお母さんが気難しいと

子供も気難しくなってしまいます。


あっさりした子になるのが大事ですね。


叱るときも、あっさりと。


くどくど言わないで

相手に簡潔にわかるようにいうこと。



こうやって古い易というものを学びながら

ネットや、ブログという新しいものも取り入れること。


古今を一緒にするのが日本の特徴で

それをすると古今和歌集の若で

精神がみずみずしくいられるようです。


古いことも学びながら新しいことを取り入れる

あるいは、

新しい最新のことをしながらも古典を読んでおかないと

大衆には受け入れられないそうです。
関連記事

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ご案内
最新記事
↓こちらもひと押しお願いします
お薦めの本
過去の記事
無料メールセミナーはこちら
メルマガ購読・解除
 
プロフィール

心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)

Author:心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)
マインドズーム代表
村山幸徳先生の
「正位気学会」
認定スーパーバイザー
TOEファシリテーター
(認知心理学、行動心理学)
九星気学、姓名鑑定、易、
家相、顔相、などを学ぶと
運勢がよく分かり、
心が前向きになり
問題や悩みが
ご自身で解決できるように
なります。
宇宙のリズムを知り、
潜在的な能力をあげ、
吉を取り入れると
幸福な毎日を送れるように
未来はガラっと変わります。
コンサルタント、鑑定士
カウンセラーや
運勢学の講師になれるよう、
初心者から鑑定者レベルまで
様々な講座をskypeで
開催しております。
音声をダウンロードするだけで
自宅でトップクラスの
生きる知恵が学べます
CDでの通信講座もございます。
通勤や家事の間にも
気軽に学べます
岐阜在住
二児の母

お薦め書籍
カテゴリ
RSSリンクの表示