しなくても良い苦労をしない方法

意図するとはどういうことなのか…


例えば、ラーメン屋を始めたとして

最初はお客さんに喜んでもらいたいという意図が

あって商売を始めるのとします。

しかし、それが日に日にずれていき、

近頃では、

借金を返すためにとか

なんの意図もなく続けていけたりもするものです。


会社員しかり

自営でも何でもそうですが

ただ何かを「したいから・・・」だけでは

駄目なのですね。

したいというのは意図ではありません。

豚は食べたいから食べますし

犬も寝たいから寝ますが

意図はありません。


意図がないと

同じものを引き寄せます。

意図のない人・・・

だから求人募集をしても

トラブルを起こすような人を

採用してしまったりします。

問題を起こす人を採用しているのも

その問題も

実は自分に意図がないからなのですね。



結局はしなくてもよい苦労を背負うことになります。


通常は意図をもっていたら

苦労をしても発展していくものです。



ここが大きく違います。

パートナーが店を大きくしたいとか

設備投資をしたいなど

事業拡大をしたいということもよくありますね。

脱サラして商売始めたいとか

転職したいとか....

そういう時でも

意図がなくて

ただなんとなく、

サラリーマンが嫌だから

一人でやってみたいなど言い出す人もいるものです。

今の仕事が嫌だからとか

上司が嫌だからとか

そういうのは意図ではありません。

そういう人に対し、

反対をせず、

違和感はあるし、

なんかおかしいと、気にはなっていても、

そういう自分の声に耳を傾けず

パートナーを信じてあげようなどと

寛容に振舞うと

一緒に沈没するはめになります。

反対しない、注意しないというのも

寛容に見えて、ただの甘やかしです。

その人の自立を妨げており

意図をもってすればもっと素晴らしい人生を築けるのを

妨げていることになります。


やはり、ルールがあって生きているので

ただなんとなく、

放浪の旅に出てみたいとか出かけて

アフリカなど海外で殺される日本人も

少なくありません。

沖縄に移住して9割がまた本土に戻ってきたり…

ただなんとなく・・・

こういうのは意図があるとは言えません。


5本指ソックスも最初はなんか

履いて気持ち良いですが

履きにくいし、ぬぎにくいし

あれは本当は体にも良くないのですよね。

それと同じで、

最初の意図をずっと持ち続けることは結構難しく

毎日意識していないとずれてしまいます。


相手がどこから発言しているのか?

パートナーや子供が

あるいは自分に意図があるのかどうか…

どうやって見分ければよいのでしょうか?

相手の気が(あるいは自分の気が)

上にあるか下にあるかで見ます。



上にあるときは助けてはいけません。

下の丹田のあたりから発せられているときは

たいてい意図があるので

どんなに不必要だと思えるようなことも

手助けしてあげる必要があります。


これを見極めるコツは

その人をぱっと見たときに

自分の目が相手の上にいくか?

下にいってしまうのか?


ほんの最初の一瞬で決まります。


自分の目が引き付けられる方からメッセージが

発せられているはずですから。
関連記事

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ご案内
最新記事
↓こちらもひと押しお願いします
お薦めの本
過去の記事
無料メールセミナーはこちら
メルマガ購読・解除
 
プロフィール

心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)

Author:心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)
マインドズーム代表
村山幸徳先生の
「正位気学会」
認定スーパーバイザー
TOEファシリテーター
(認知心理学、行動心理学)
九星気学、姓名鑑定、易、
家相、顔相、などを学ぶと
運勢がよく分かり、
心が前向きになり
問題や悩みが
ご自身で解決できるように
なります。
宇宙のリズムを知り、
潜在的な能力をあげ、
吉を取り入れると
幸福な毎日を送れるように
未来はガラっと変わります。
コンサルタント、鑑定士
カウンセラーや
運勢学の講師になれるよう、
初心者から鑑定者レベルまで
様々な講座をskypeで
開催しております。
音声をダウンロードするだけで
自宅でトップクラスの
生きる知恵が学べます
CDでの通信講座もございます。
通勤や家事の間にも
気軽に学べます
岐阜在住
二児の母

お薦め書籍
カテゴリ
RSSリンクの表示