真実は闇の中にある

今日もまた素晴らしい映画を見ることができた・・

2年前の1月にあと2年はかかると言われて
もうそろそろ2年・・・

今年の夏くらいから
中野宗次郎さんのセッションを受けて
「くう」という映画を見て
満天の星に輝く星ではなく
その光る星の周りの暗闇の方にも
意味があるのだということに気がつけるようになった

なぜ障害者が生まれてくるのか?
なぜ犯罪者がいるのか?

映画の中の問いは
意味がなく存在しているものは何一つ無くて
皆が大きな命の中で
一つ一つ違う役割を持っているだけなのだと
改めて腑に落ちた

先日の聞いた
間脳の話の中でも
私達のDNAはチンパンジーともさほど差がないと聞いた

こんなに完璧なまでに
すべてがうまくいくように出来ている宇宙
そんな奇跡のような今を
良いとか悪いとかではなく
ありのままをそのままただ受け止めると
過去の苦労までもがあの出来事のお陰でと
感謝に変わる

過去は変わらないというけど
今をそう捉えた途端
もう未来は変わる・・・

村山先生がこの8年ずっと言い続けてくれた
たくさんの言葉の全ては
「宇宙が見守ってくれている 大きな命に私たちは見守られている」
に集約される

だから名前が悪かろうが・・凶方とっていようが良かったねと私は言える

だから私(村山先生)のところに来たんでしょう?

もう大丈夫!
それがあってよかったねと。

もっともっと宇宙を、天を 信頼して生きていいんじゃないかな・・と
大きな命に身を委ねたほうが楽しく楽に生きられると
縁のある人に伝えることができるようになって
本当に良かったな・・
よくここまで来たなって
そう思えた一日だった・・

全ては拡大し、成長していくのかと思っていた
宇宙だって 
私達の魂だって・・

でもそれすら違う

1で生まれ2で育ち、3で発展し、4で繁栄し、5で完成し
6の充実のあとは
七赤で一爻不足となり欠けて
八白で止まり
九紫で離れる

筋ジストロフィーでいつかピアノが弾けなくなっても
その弱っていく自分も自分なんだと
それすらも受け止める姿に
滅びゆくものこそ神と
カタカムナの先生がおっしゃった意味がわかるような気がした

癌のなった患者が、自分の意志では動けなくなって初めて
今まで動けたことの方が奇跡で
生かされているのだということを実感しているという話も出てきた

いずれ年老いて、弱って、できなくなった時も
誰かの世話になるくらいなら
迷惑をかけてまで生きたくないという声も聞く

役に立たないなら生きている価値が無いのか?といったら
それも違う・・

プラスもあってマイナスも有る

できる人もいて出来ない人もいる

それが陰と陽

障害のある子供を普通の学校に入れることで悩んだ時
10年以上前に天空堂さんに言われた言葉は
そのほうが社会としてのバランスがとれるというか・・
その方がエネルギーが調和されるのだということだった・・・

障害児ばかり集めてもダメだし
できる人ばかり集めても駄目で・・
お互いがその役割の中で
与え合うものが有るので
それぞれにちゃんと意味があるのだと
そんな意味のことを言われた気がした・・

何が良くて何が悪いというのではない

親になっても
先生と言われるような立場になっても
無力感に襲われることは多いけど
その分、私が何も出来ない分
子供たちや生徒さん達は
周りの人に恵まれて助けられて
自分で解決して自立していけるようになっていると思う
それは私自身が彼らを
大丈夫って信頼しているからであり
私を含め、皆が同じように誰が可愛いということでなく
神様に愛されているからと疑わないから

べつにクリスチャンではないけど
それを主や神と呼ぶ人のこんな詩に感動したので
紹介したいと思う

「フットプリント(足跡)」


ある夜、一人の男が夢をみた。
夢の中で彼は海岸を主と歩いていた。

空を横切って彼の人生のそれぞれの場面が
走馬灯のようにかけめぐった。

それぞれの場面で、彼は砂地に2組の足跡が
あることに気がついた:

ひとつは彼自身のもので、もう一つは主のものである。


彼の人生の最後の場面が目前にあらわれた時、
彼は後ろの砂地の足跡を振り返った。

彼は彼の人生の道のりをたどって何回も、
足跡が1組だけのところがあることに気がついた。

彼は、それが自分の人生の中で、
もっともどん底でもっとも悲しい時であったことに気がついた。

これは非常に彼をイラだたせ、彼は主にこのことについて尋ねた。

「主よ、あなたは一旦私があなたについて行くと決めたら、
いつでも一緒に歩いてくれるといいました。
しかし私は自分の人生の中で一番つらいときに、
足跡が1組しかないこと気がつきました。

分かりません、私が一番あなたを必要としていたときに、
どうしてあなたは私を一人ぼっちにしたのですか?」


主は答えました。

「私の息子よ、私の大切なこどもよ、
私はおまえを愛していておまえを一人ぼっちに
したことなど決してないのだよ。

おまえが試練や苦しみの中にいる間、
おまえが1組の足跡しか見つけられなかったところで、
私はおまえを背負って運んでいたんだよ。」

今日は涙が枯れるほど泣いた・・

亡くなった父も一緒にいてくれると思う時もあったけど
それ以上に、目に見えない大きな力に
いつも支えられ助けられ、励まされている
それを感じられる詩だったので・・
誰かに届けば良いなと思ってご紹介しました

来週の29日は自分が安心できる星を紹介したいなと思い
易の講座をちょっと変更しようと思います。

息子が私には感謝はないけど
母には有ると言った意味がこれを学んで初めてわかったから・・

彼にとってはおばあちゃんが安心の星だったから・・

この勉強してなかったら見えなかったこともたくさんあったので・・

気学を知っていたら
易がそんなに詳しくない人でも
易を学ぶきっかけになってくれたらって思います

11/29 月命鑑定 安心の星

13:30~ 

@7000円

お問い合わせお申し込みはこちら

ぽちとひと押しお願いします






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ご案内
最新記事
↓こちらもひと押しお願いします
お薦めの本
過去の記事
無料メールセミナーはこちら
メルマガ購読・解除
 
プロフィール

心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)

Author:心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)
マインドズーム代表
村山幸徳先生の
「正位気学会」
認定スーパーバイザー
TOEファシリテーター
(認知心理学、行動心理学)
九星気学、姓名鑑定、易、
家相、顔相、などを学ぶと
運勢がよく分かり、
心が前向きになり
問題や悩みが
ご自身で解決できるように
なります。
宇宙のリズムを知り、
潜在的な能力をあげ、
吉を取り入れると
幸福な毎日を送れるように
未来はガラっと変わります。
コンサルタント、鑑定士
カウンセラーや
運勢学の講師になれるよう、
初心者から鑑定者レベルまで
様々な講座をskypeで
開催しております。
音声をダウンロードするだけで
自宅でトップクラスの
生きる知恵が学べます
CDでの通信講座もございます。
通勤や家事の間にも
気軽に学べます
岐阜在住
二児の母

お薦め書籍
カテゴリ
RSSリンクの表示