何歳までを子供(小児)とするのか?

気学上子供とは何歳までというのか・・・
小児殺は何歳まで気をつけたらよいのか?
何歳まで月命で見るのか・・・

様々な説があります。

最初の陥入になる(厄年になる)
6歳までを子どもとしましょうという説がまず一つ目


男子は8歳で
女子は7歳という説が二つ目

ちょうど気学上三碧の(長男を意味する)上に来るときと
女性という意味の二黒の上に来たときということだそうですが
どっちがどっちだったっけとややこしいですね。


それで結論としては私の師の村山気学では
男子も女子も数えで10歳以下を
満9歳までを小児という扱いにしております。

1歳を中宮に置いたとして
10年一巡りで大人になるという考えです。

通常満3歳で命を落とす人が多いし
5歳もなくなる可能性が高いので
それを超えたということで7歳にはお祝いをします。

これがいわゆる七五三

これは神道や仏教ではなく、気学からきているのですね。

七五三という数字の解釈は
いろいろなところにもでています。

夫婦や恋人の聞きも3年目の浮気とか
5年目、7年目の危機ってあるように
会社を興して3年とか
何か始めて3日坊主で辞めるとか
3.5.7という数字の意味を次回は追及しましょう。
もっともっと奥が深いです。
関連記事

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ご案内
最新記事
↓こちらもひと押しお願いします
お薦めの本
過去の記事
無料メールセミナーはこちら
メルマガ購読・解除
 
プロフィール

心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)

Author:心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)
マインドズーム代表
村山幸徳先生の
「正位気学会」
認定スーパーバイザー
TOEファシリテーター
(認知心理学、行動心理学)
九星気学、姓名鑑定、易、
家相、顔相、などを学ぶと
運勢がよく分かり、
心が前向きになり
問題や悩みが
ご自身で解決できるように
なります。
宇宙のリズムを知り、
潜在的な能力をあげ、
吉を取り入れると
幸福な毎日を送れるように
未来はガラっと変わります。
コンサルタント、鑑定士
カウンセラーや
運勢学の講師になれるよう、
初心者から鑑定者レベルまで
様々な講座をskypeで
開催しております。
音声をダウンロードするだけで
自宅でトップクラスの
生きる知恵が学べます
CDでの通信講座もございます。
通勤や家事の間にも
気軽に学べます
岐阜在住
二児の母

お薦め書籍
カテゴリ
RSSリンクの表示