恵方参りお地蔵さんでは効果はないらしい・・・

今日も恵方参りに行きました。

2月4日から一週間くらいは効果があります。

回数行った方が御利益があるんですか?

という質問をいただいたことがあるんですが

たくさん行きたいと思えるのなら行ってよいと思います

でも足りないからと思ってもっともっと

たくさんやれば効果がある・・・・

それは心理学的にいえば、

不足を埋めたいという欲求からになるので私はどうかな?という気がいたします。

何をするにも意図が大事です。

おばあちゃんに会いに行くとお小遣いが貰えるという場合

おばあちゃんに顔を見せに行くと喜ぶんだよな・・・と思って行くのと

お小遣い欲しくて何度も行くのとでは意図が違いますよね・・・

初詣でも年末にお礼詣りのように行く方は商売繁盛されていますよね。

私は神様に挨拶にいく・・という感じです。

初めてのところは、初めましてと。

いつも知恵もチャンスもいただいていて

本当にうれしいです。と感謝を伝えに行くようにしています。


先日は一人で行ったんですけど、

今日は子どもが休みで一緒に行けたので

連れて行ってあげました。

近所にお相撲さんなんかも来る有名な手力神社があります。

おみくじで大吉を引いた息子は喜んでいましたが

娘は吉だとがっかりしていて・・・

これも足りない・・症候群ですよね。

凶でなかっただけ良かったと思うより

大吉に至らなかったという不足を嘆く・・・

あることに感謝できず

足りない方に目が行くことで勝手に不幸になってしまうとは

もったいないものです・・・。

人は自分の思い込みや信念で勝手に不幸になり

自分で勝手に傷を付ける生き物で・・・

良い例が身近にあって学ばされます・・。



今年は恵方は丙の方角で

通常は750m離れたところの神社、仏閣、教会に行き

智慧とチャンスを祈ります。

しかし今年だけは、750m以内のどの方位の

神様とつながるところであれば大丈夫なので

氏神様などに行かれる方も多いです。



海の近くでその方位に神社がなくて

お地蔵さんでも良いでしょうか?と聞かれましたが

お地蔵さんはあいにく、効果がありません

(参って悪いということもありませんが)

雪が深くて無理かと断念された方が

再度行ってみたら、ちょうど雪がやみ

他の人が踏み固めた跡があり参ることができたそうです。


自力に対して他力はやってきます。

私もガンジス河の沐浴に行った時それを体験しました。

ちょうど雨が止んだんですよね・・・。

YOGAなどをしていても雨という天気予報を裏切り

大事な本番やイベントの時間までに雨が上がるとか・・・

そんな体験を良くします。

神様というと五感ではとらえにくいものですが

太陽や風や火などは感じられるのでイメージしやすいですよね。

そういうことをつかさどっている宇宙の法則、働きのこと

を私は神というのかなと思っています。

祈りというのは

神様の袖を「ちょんちょん」と引っ張るような

宇宙とのコミュニケーションだと思っています。

何を祈ることができるか

何を望むことができるかは

人生を通してとても大切ですが

本当に求めていることを知り望むことは難しいものです。

原因は見えないけど

帰ってくる結果だけは私たちの目にありありと見えるものです

この見えない原因を単なる運命だとみないで

それを変えるために祈る

その行為ができる人と、無駄だと思う人・・・

瞑想や祈りという必要な努力を惜しまないに

目に見える形で「ここにいるよ」といってくれる

天の働きは心強いですよね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ご案内
最新記事
↓こちらもひと押しお願いします
お薦めの本
過去の記事
無料メールセミナーはこちら
メルマガ購読・解除
 
プロフィール

心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)

Author:心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)
マインドズーム代表
村山幸徳先生の
「正位気学会」
認定スーパーバイザー
TOEファシリテーター
(認知心理学、行動心理学)
九星気学、姓名鑑定、易、
家相、顔相、などを学ぶと
運勢がよく分かり、
心が前向きになり
問題や悩みが
ご自身で解決できるように
なります。
宇宙のリズムを知り、
潜在的な能力をあげ、
吉を取り入れると
幸福な毎日を送れるように
未来はガラっと変わります。
コンサルタント、鑑定士
カウンセラーや
運勢学の講師になれるよう、
初心者から鑑定者レベルまで
様々な講座をskypeで
開催しております。
音声をダウンロードするだけで
自宅でトップクラスの
生きる知恵が学べます
CDでの通信講座もございます。
通勤や家事の間にも
気軽に学べます
岐阜在住
二児の母

お薦め書籍
カテゴリ
RSSリンクの表示