易の卦「山火賁」の解釈

成果が出るまであまりに時間がかかると
嫌になってしまうし
辞めようかなと
諦めかけてしまうことも多いだろうけど
実は
こういう段階こそが
プロの道に入ってきたよ
というサイン。


ゼロからのスタートの時は
結構ビギナーズラックというか
思ったよりも楽なもので
実は中級からが結構時間がかかります。

富士山だって5合目までは車で
スイ~っと行けるけど
そこからは自力で時間がかかるように
物事は進む段階に応じて
スピードが変わるのですね。

金や物を得たいという
物質的な欲求を満たすまでは
比較的早いけど、

そこからの精神的な成長
人間の質を高める段階になると
時間がかかります。

村山先生曰く、
時間がかかるな~と思っている人は
物を完成する段階は過ぎていて
人に教える段階に来ているよ、
つまり、人望を集める時に来ているよ
ということだそうです!

三合吉方の家が家相では一番良いのだけど
作ろうとすると
建てる人も作る人もいろいろな問題が出てきて
そうとう時間がかかるように

自分の夢よりも
大衆の望みを叶える段階にある人
人を集める段階にある人は
すぐに結果にならなくて
時間がかかるということは
=人に教える技量はあるのだと
プロの域に来ているのだと
思ってほしいものです。

これは

山火賁(さんかひ)という
易の卦の解釈からの教訓です。

賁とは、飾るという意味です。

自分の上を尊敬できないと
発展は止まるよという意味です。

また努力すれば
上に上がることができるという卦でもあり
それは時間がかかるよという意味があります。


師匠の師も、
飾の字も帀が共通で
人を集め、自分が人に飾られるところへ来ている人
つまり
実力がある人は
師がおり
食べていけるということなのですね。


学んで先生を超えるとき
あるいは
家業を継ぐ時
独立するときに出る卦です

先生を超えても長続きせず消えていく人が多いのは
教え始めていくと
先生よりも自分の方が偉いと思い
慢心にやられてしまうからなのですね。

そういう時こそ
先生を飾ることが大事で
同じことをただ続けるということが大事なのです。

早いことがけして良いことではないのですね。

目的に行くまでは時間がかかり

明らかになる(上級の知恵に至る)には時間がかかり

人を良くするには時間がかかるのですね

関連記事

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ご案内
最新記事
↓こちらもひと押しお願いします
お薦めの本
過去の記事
無料メールセミナーはこちら
メルマガ購読・解除
 
プロフィール

心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)

Author:心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)
マインドズーム代表
村山幸徳先生の
「正位気学会」
認定スーパーバイザー
TOEファシリテーター
(認知心理学、行動心理学)
九星気学、姓名鑑定、易、
家相、顔相、などを学ぶと
運勢がよく分かり、
心が前向きになり
問題や悩みが
ご自身で解決できるように
なります。
宇宙のリズムを知り、
潜在的な能力をあげ、
吉を取り入れると
幸福な毎日を送れるように
未来はガラっと変わります。
コンサルタント、鑑定士
カウンセラーや
運勢学の講師になれるよう、
初心者から鑑定者レベルまで
様々な講座をskypeで
開催しております。
音声をダウンロードするだけで
自宅でトップクラスの
生きる知恵が学べます
CDでの通信講座もございます。
通勤や家事の間にも
気軽に学べます
岐阜在住
二児の母

お薦め書籍
カテゴリ
RSSリンクの表示