二黒は古いという象意

今回は二黒と一白の方位をとりますので
二黒の古いという象意がかなり出ております。

家は古いし
車も古いので
娘は壁をけったら穴をあけてしまいましたし
門が壊れたり、
車の後ろが開かなくなったり
ドライヤーを借りれば火をふきました。
何より耐えられないのは
家の中に大きな犬を入れること・・・
ベッドも何もかも犬のにおいと毛だらけで
子どもたちはくしゃみばかりしているし
歩けば足の裏が真っ黒。
食器ふきも手ふきも同じタオルでしかも
それが全然吸い取らない…

ここの家の主人は黒が大好きで
バスタオルで拭けば
体中に黒い毛が付きます。
何度洗っても・・・です。

一白の方位なので
失せものも多く
子どもの大事なゴーグルやぬいぐるみなど
失くしたり
サンダルなど犬にかまれてボロボロです。

海外へ行くということの良さは
私たちの
「こうするのが当たり前」という
既成概念を壊してくれる所にあります。

インドなどに行った日には
頭から湯気が出ているのが見えたほどでした。

直面する最初のときは腹が立つものです。

なんで洗濯干すのにハンガーも何もなく
紐に洗濯バサミだけ?と
洗濯ばさみも足りなくて
ホストが乾いているのに数日間も取り込まないので
勝手に取り込むのも失礼なので
洗濯ばさみを使わずに干していました。

ま~一枚くらい落下した程度で済んだのですが
他の家に行ってもやはり同じように干していましたし
きのうKマートに行きましたがやはり干す用の道具が
なにも売ってませんでした…

広い庭のあるケアンズでは
日本のように狭いベランダで干せるようなものは必要ないのでしょう。

日本は狭い国だからこそ知恵や工夫がいたるところにみられ
当たり前という日常に本当に便利で感謝する思いです。

先日もバス停で待っていて手まで振っているのに
運転手が素通りしました。

1時間に1本くらいしかなく
バス停に待っていたって手を振らないと
まず彼らは止まりません。

もちろん次はOOですというアナウンスもありません。

乗るときに「どこどこまで何人」と告げて
バスの運転手がいちいち清算するので
バスは10分から30分遅れてくるのがざらです。

幸いにも親切な方がいて
素通りしたところを見ていたからと
送ってくださいました。
奥様が日本人らしく
子どももいてかわいそうにと思ってくださったようです。

空港から送ってくださったタクシーの運転手さんも
休みとなると子どもたちを連れだしてくれたり
ビーチで寒くて震えていたら
バスタオルを貸してくださった方も
子どもたちをワニを見に連れて行ってくださったり
バーベキューをして下さったり
家に招待して下さったりして
本当に親切にしてもらっています。

一白は人間関係なので
悪いことだけではなく
新たな人間関係ができつつあるのは
日本ではなかなか考えられないことですね。

慣れてくると気にもならないし
自分のやり方はこうだからと
相手に告げることで
行動が嫌なだけで相手を否定しているわけではないのだと
いう文化ですから
はっきり言えたら
対立などもありません。

日本食を作ってあげても
「好きじゃない」とか「いらない」とは
なかなか日本人なら言えませんけど・・・
うちのホストははっきり言います。

でも、これはとても重要なポイントです。

その味が苦手なだけで
私の好意が受け取ってもらえなかったことで
落ち込む必要はないからです。

娘はいつもここを混同します。

自分自身も否定されたと思い
何か提案をすると
「ママは文句を言った。私が嫌いだからだ」
という図式になるので
心理学的に見る「同化」「自己同一視」を
学ぶには良いチャンスです。

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

仮吉方にケアンズに来ています

オーストラリアのケアンズに仮吉方に来ています。

南に越してから10月の中旬に自宅の岐阜に戻ると北へ引っ越したことになりますから

75泊同じところにステイして、帰国すると

廻座の二黒と、10月は二黒が月盤も重なるので2-2が2-6に変わり六白も取れます。

後天定位の一白と3つとれることになります。

一白は人間関係の星。

過去にとった人が嫌われるのよと・・・嘆いていましたが

息子が8歳で娘は10歳。

ちょうど同じ年の頃の11歳の男の子のいる家を選びました。

遊んでいるうちに英語も話せるようになるかな・・など密かに期待していたのですが

なんと、不登校の毎日朝と晩が逆転した一日中パソコンとゲーム三昧のお宅・・・。

子どもたちと交わることは全くなく、

一人っ子でシングルマザーに育てられているので

全部自分のものだったわけなので・・・息子が触ろうものなら

「NO」

拒絶される毎日で息子は泣いています・・・。

ついて2週間、ずっと風邪をひいています。

一白は病気になるのを予想はしていましたが

娘も熱を出すし、こちらは冬。

ま~亜熱帯なので昼間は半袖で十分ですけど

毎日プールにも入っていますけど、水温は冷たくて凍えます。

来るときの方位は暗剣殺

娘も息子もなぜか怪我が絶えません。

ゴーグルやサンダルは犬に食いちぎられたりです。

他動的な難・・・・は結構あります。

バスタブもないのでシャワーのみ。

お風呂嫌いなので入らなくていいじゃんと思っていましたが

子どもたちもゆっくり湯船につかりたいと日本の温泉を懐かしく思っています。

食べ物の失敗をすることはありませんが

日本から持ってきたお菓子は成田空港で買うなどして

家にある梅干しなども持ってこれませんでしたから・・・

調味料などこちらで買ったので高いです。

でも日本食料品屋さんがあるだけ幸いです

仮吉方は旅行ではないので、引っ越したんだという認識がないと成功しません。

けっこう75泊にこだわる人が多いですけど

大事なのは意識なのだそうです・・・。

こっちに住んでいるのだという意識・・が仮吉方には欠かせません



講座の依頼もありがたいことに増えていますが

wi-fiの環境が悪くて音声をスカイプで送るのも

1回の講義に4時間くらいかかります。

面倒をかけてしまいますが

受講希望の方はご連絡いただければ対応いたします。


9月には講座をライブで再開予定です。

wi-fiも独自に借りたのでなんとかなるでしょう。

日本は使いたい放題ですけど、こちらは切り売りで

皆が使う時間はとてもスローで2時から8時が比較的つながりやすいのですが

そんな時間は寝ていますよね・・・

時差は一時間です。

日本時間プラス一時間です。

質問などはメールで大丈夫ですので・・・

日本は暑そうですね…

イタリアからも問い合わせがあり・・・

さすが一白の吉方だな…と驚いています。

一滴の始まりが大きな川になりやがて海に流れるくらいに広がるようで楽しみです。

明日はもう立秋。宇宙は秋です

ケアンズはイチゴの季節です。
ご案内
最新記事
↓こちらもひと押しお願いします
お薦めの本
過去の記事
無料メールセミナーはこちら
メルマガ購読・解除
 
プロフィール

心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)

Author:心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)
マインドズーム代表
村山幸徳先生の
「正位気学会」
認定スーパーバイザー
TOEファシリテーター
(認知心理学、行動心理学)
九星気学、姓名鑑定、易、
家相、顔相、などを学ぶと
運勢がよく分かり、
心が前向きになり
問題や悩みが
ご自身で解決できるように
なります。
宇宙のリズムを知り、
潜在的な能力をあげ、
吉を取り入れると
幸福な毎日を送れるように
未来はガラっと変わります。
コンサルタント、鑑定士
カウンセラーや
運勢学の講師になれるよう、
初心者から鑑定者レベルまで
様々な講座をskypeで
開催しております。
音声をダウンロードするだけで
自宅でトップクラスの
生きる知恵が学べます
CDでの通信講座もございます。
通勤や家事の間にも
気軽に学べます
岐阜在住
二児の母

お薦め書籍
カテゴリ
RSSリンクの表示