考えて解決できるのだろうか?



気学や占星術などいろいろ学べは
この人はこういう人だとレッテルを張り
本質を見抜けなくなることが良くある

自分の周りの特に家族もそうで…

良い関係を築きたいと思っていくら学んでも
本を読んだり、セミナーに出ても
そこにあるものや
考えてわかるものと
現実に目の前にいるその人とのギャップの
なんと大きい事か…

思考は大切ではあるけど
自分の中に答えはあるのだと
常に感じる方を優先している
子どもたちに教えられる

今日の午後からは学級閉鎖らしい。

二日も前から
小学一年生の息子は自分で勝手に判断して
学童に行くとインフルエンザに感染するかもしれないと
自分閉鎖して帰ってきてしまっている。
僕、火曜日と水曜日お休みすると。

きっと今の大人だって
自分で選択することができる人がいるだろうか…

外からの情報や
周りの状況を見て間違った判断をするよりも
脳に障害もあり
外側よりも自分の感性を大事にする彼の方が
よほど今を生きている

そして今日木曜から金曜までは
先生から学級閉鎖にするとメールが来る

今朝は、初めて彼の目線で、
物の名前も知らなかった頃の赤ちゃんの目線で
10分の学校までの道のりを歩いて行くと
割れた屋根の瓦や、倒れた道路標識や
霜柱や、溶けかかった雪の塊や
今まで見過ごしていた
たくさんの景色に気がつく
こんな感じで今一瞬一瞬を目が捉えるもの
耳が捉えるもの
肌で感じるもの
匂うものなど
全ての感覚を研ぎ澄ませている彼らと
私とでは生きている世界が違ったんだと
なぜ登校するのに30分もかかるのかがわかったら
一緒に落ちた栗のイガイガから
痛い思いをせずどうやって栗をとりだそうかと
二人で格闘してしまった…。

いつもなら
「早く早く」と追い立てる通学路も
二度と来ない今だったんだ。

病気を治そうと思って毎日薬を飲み
金曜飲み忘れたからと
土曜に2粒勝手に飲んで
じんましんになって以来
私は薬をやめさせた。

勝手に薬を飲んでしまったことも
彼が勝手にやっているというよりも
宇宙の深い智恵や愛や
言葉で何と言ってよいかわからないけど
そういう意識(アートマ)とつながっている彼が
とった行動や判断は
思考よりももっともっと意味のあることなのかもしれない。

楽をして幸せになる方法ないでしょうか?

昨日ある方から質問をもらいました。


なぜか私の中にもやもやした違和感がありました。



引っ越しをしたら凶方だったというケースなのですが



「それをなしにする方法が無いですか?」



「言われた方位はあまり行きたくないので

 職場に近いこっちでは行けませんか?」

など

数々の

「楽をして幸せになれる方法はないでしょうか?」という



エゴから寄せられるメッセージだったからだと気がつきました。


相手のエゴに触れると



こちらもエゴが発動します。


それをじっと観察し・・・



しばらく自分のその感情の正体を見つめました。





「何の代償も払わずに成長できると思っているの?」


という私のエゴが見えたのですね。


(エゴは見つかると働けなくなります)




何かを得ようと思ったら



何も失わずに得られるものはないという原則



それを知らないでもがいてしまいます。



暖炉の火を燃やそうと思ったら


この薪をくべねばなりません。


与える方が先なのです。






お金が入ったらやりますという昨日のブログもそうなのですが



お金が入ったら事務所借りますみたいなもので



事務所借りないとお金入って来ないでしょう?と


発想が逆なのですよね。






IKEAで新しい家具を買っても

今使っている古い家具を出さないと

入れるスペースが無いように・・・

出すことの方が先なのです。



出入り口というように・・・・

呼吸というように・・・・

出す方が先なのです。



せっかく食べたのに・・・

もったいないから出したくないと我慢したら便秘になります。


なぜ良い流れを作ろうとしないのか・・・

人は貯めよう貯めようと して手放すのを恐れます。



今に生きられず将来の不安で

なんでも手元に置いておきたがります。


入ってくることばかり考えて

どう出て行かせるかを先に考えていません。


お金持ちは逆で

こういうことに使いたいが先にあるので

入ってきます。

どうしたら入ってくるかもちゃんと計画を建てます。


今を生きるというと

将来のことを考えないことと勘違いしてしまったりしますが

計画というのは今やっていることなので

未来を生きていることにはなりません。


めんどくさい・・・

楽をしたい…


この思いがエゴの正体です。


アガスティアの葉を開けたりして

使命がわかると

そんなとてつもないこと・・・できない・・・

めんどくさい

という思いがやってきます。


五億円の豪邸に住むことができますと書いてあったとします
(そんなこと書いてないけどね。)

それだけ広い家の掃除もすることになるようなものです。

メンテナンスも大変で

泥棒に入られやしないかとの防犯の心配もできます。

幸せになるのにはそれと同じ大きさの負もついてきます。

それでもやるんだ!

と思えるほど今を変えたいという決意が

あるかどうかですよね。

そういうことを

改めて気がつかせていただきました。

ありがとう




テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

私の思う選択の自由

私はタオの考えが好きで無為というのを

勘違いしていました。

またインド哲学も学んでいて

運命は決まっているのだから

何をしたって結果が同じではないのか?とも

勘違いしていました。

リスクが怖いから何もしないというのは

一昔前の話で

何もしないことの方が

これだけ社会情勢が変わっていて、リスクは大きいですよね。

祈っていたら幸せになるのか?

正解はYESであり、NOでもあり・・・。

信じるということは行為なのでそれに対しての結果はありますが

信じる力に応じて変わるものです。

つまり

ただ待っていても・・・何もしなかったら

幸せは来ないのですね。


自力に対して他力が動く のだから。

他力とは天とか、神仏とか宇宙のことですが

私たちを活かそうとしてくれる力のことです。


生きようとする力に対して

生かそう(活かそう)とする力が動いてくれるのです。

お迎えを待っている人は生きていますが

生きようとしてはいませんし

あきらめてしまっている人も

行く方向を見失って立ち止まっている人にも

活かそうとする力は巡って来ないということですね。


運という字はしんにょうは走るという象形文字です

車というのが自分の体

自分の体が3つの命

使命と宿命と天命を載せて走っているという字なので

運勢というのは使命を持って走っている人にだけあるものです。

母という使命、女性、長女、妻、という使命

など時と場所で使命は変わります

この使命をやっていくといずれ天命を知ります。

宿命はどういう親のもとに生まれるかなど

過去の変えられないもののように思えますが

それを恨みに思うか

そのおかげで今があるかで受け取り方で

変わるものです。



それをどう走らせるかが私たちの運命なのです。

だから運命はいくらでも変えられるわけです。



気学というのは

私たちのいのち(生命)のことです。

すなわち、天命、宿命、使命、運命という4つの命の運び方を

いろいろな現象を通して見て行くことができるものです。


人生は私に何をしてほしいのか?

その答えを探している人にぜひ、

今世で見つけてほしい・・・

そういう思いで講座をやっています。


私の師である村山幸徳先生は

ただの方位やラッキーな色だけではない のだと

これは、儒教の教えなのだと繰り返しおっしゃいます。



どのように生きることが

幸せにつながることなのか…

成長につながることなのか…

それを深めていくことなのだと思います。



私の周りで起こることが

質問やメッセージをいただける内容が

今の自分に何を教えてくれているのかと

とてもありがたく、私も学ばせていただいておりますが


その中に「お金が無いので受けたいけど受けられない 」

というのがありました。


私の受講生の中でもそういう方がいらっしゃいますが

私はいつでも良いですよと期限を決めたことは一度もありません。

それは自由です。

誰かに決められて

締め切りというものに縛られて

人生を選択してもらいたくないからです。


「今は支払えないので待ってください」と言えば

相手は待ってくれるかもしれないのに・・・・

何もしようとしない・・・。

何かしたら変わるかもしれないのに…

もったいないです。

で、そういうときにまた自分の思い込みに気がついて欲しいと思います。

相手は待ってくれないと思っていませんか?

お金が無いとできないと思っていませんか?

言っても無駄だと思っていませんか?


私は以前お金が本当になくて

でも学びたくて・・・

何十万もするセミナーの主催者に

アシスタントでも何でもお手伝いさせてくださいと頼んで

素晴らしいセミナーに参加させていただいたことがあります。

今でも一生の宝のような学びをいただきました。

魂が成長したいと望めば、必ず助けはやってきます。
(エゴが望むものは別ですが…)


またどこかで買い物するにでも

「ブログに書いて宣伝しますから おまけして下さい」と

相手にも悦んでもらって自分も得するという

win-winを

やったりしています。


何もしなくてどうせリスクを払うなら

何かしてリスクを背負った方が良くないですか?

こっちだけ得して相手を損させたり

相手が得して自分が損したりではなくて

どちらも勝つ方法を選びませんか?

AかBかではなくて

AもBもという選択をする習慣をもちませんか?

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

鑑定の極意

日本の社会でカウンセラーが普及していないのは

何か悩みがあると、占い師のところに行くからと言われています。

私も友達に相談したら解決するのだから占い師なんて必要ないじゃんと

思っていましたが・・・質の悪い占い師もいるので

ちゃんと人生の真髄を見れるように

他力本願ではなく

占いジプシーが増えないように

自分で解決できる人を増やしていきたいと

このサイトを立ち上げましたが・・・

「お金は入ってきますか?」

という質問をされたら

あなたは、どう答えますか?


もしかしたら、収入はある人かもしれません。

でも、その人が心配しているのは入ってくるかどうかではないはずです。

お金というのは将来への不安です。

将来が無かったらお金は必要ないのですからね。

今に生きられず、将来と過去のことばかりをみて

生きているのかもしれません。


また、収入としてお金をたくさん得たとしても

奥さんがさびしくて買い物やパチンコ依存症で

それを全部使ってしまうとしたら・・・。


入ってくるかどうかを占ってもしょうがないのですね。


先日、「セカンドバージン」というドラマで

夫が浮気をし、自分をないがしろにするのを許せず

夫を巧妙にはめて人生を転落させる妻が描かれていましたが

お金をいくら稼いだとしても、同じかそれ以上に失ったら

意味がないわけです。


恨みとか怨念というのは怖いものだな~と

テレビドラマを見ていてもいつも思います。

いつも何か事件の裏には恨みがあります。

でもこれって愛情の裏返しですよね。

超悪人なのかというと・・・・そうではない。

誰でも持ってしまうものです。

夫の方が悪い、

妻の方が悪い、

こういう倫理観や価値観や信念や過去のトラウマは

人によって様々で

どれが良いとか悪いとか、

どれが正しくて間違っているというのがありません。


悩みの相談を受けて、

だったら名前を変えましょう

だったら吉方をとりましょう

だけでは物足りなく感じてしまうのがそこです。



人間関係をどうやったらうまく築くことができるか…

ちゃんと信頼関係が成り立っていたら

寂しくて被害者意識になって人を怨むこともないだろうに・・・

その人の態度や言葉というのは一種の暗号です。

この奥さんも子供ができたら幸せになれると執着していましたが

結局最後は仕事を始めて、生きがいを持って生きるようになって

人間関係が上手に築けるようになって行きました。

寂しいという感情をごまかすために

そこを見なくて良いように人は今を生きられず

過去や未来に生きてしまいがちです。

何か生きがいを持っている人、

使命を持っている人は

恐怖に打ち勝つ強さがあります。

死ですら怖くなくなります。

そういう内面から来る生きようとする人間の根源の力に

触れるようなアドバイス

目を向けられるようなコンサルティングを志し

それができる人を養成して行きたいと思っています。


つまり、

真意を見抜く力というものを身につけたいなと。

相談しに来た人の本当の真意・・・

相談してきている人を受けている鑑定者の真意

人と、自分も本当に言いたいことが何なのか?

それを根幹におかないと真実が見えないと思うのです。

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

2011年の展望と運勢開運講座

2011年はいったいどんな年になるのでしょうか?

経済は?
景気は?
日本の将来は?
世界情勢は?
2011年の自分や家族の運勢は?
何をどう心がけたら良いの?

新年を迎え、今年こそ!という決意を実現するために
2011年の気の流れを知りたいですよね?

2011年の気の流れとご自身や家族の運勢と開運方法を
コンパクトにまとめてアドバイスする講座です。

初心者大歓迎!

1月27日(木) 14時から120分

Skypeもしくは固定電話での参加が可能です。

料金は5000円 (paypalでの支払いもOK)  

(気学講座受講生は3000円)

お問い合わせは

atma358@gmail.com

國友秀夏まで

姓名鑑定は精神構造を向上させる

巷ではあなたの名前は悪いから印鑑を買った方が良いとか

悪い霊がついているからOOOなので除霊をするとよいなど

脅すような鑑定もあるようなのですが

私の師である村山幸徳先生の流派では、

霊感を使わないということを非常に重視されています。


お金や人間関係の苦労、病気など様々な困難なことを

霊の性にしてしまうのは楽でしょうが、

それでは何も解決していきませんね。


金額が高ければご利益が大きいということではないのです。

悩みというのは、どう感じるのかというこちら側の思考や受け取り方で

ずいぶん、変わってくるものです。


相手や現象それ自体には良いも悪いも無いのです。

同じ事実でも受け取る人によってどういう解釈にもとれます。


例えば、縛りの名前の人は自分で自分を縛ってしまいがちなので

実は誰も制限を加えているわけではないのに

早く帰らないといけないと

常にでかけては時間を気にするので

せっかく出かけても面白くなかったり、

家に帰ることがつらくなったりするのででかけるのをやめてしまったり

無意識のうちにしてしまうようです。

大ばさみの人なら苦労を苦労とも思いませんから我慢強いのは良いのですが

体を壊してしまいますね。

名前とその人の思考傾向がとてもリンクしているのです。

ですから、思考傾向を変えるのは難しいですが

名前という形だけでも変えることで、

中身の考え方、受け取り方が変わってくるという方法で選名というのをお勧めしています。


ヨガでも心身は一体であると教えています。

前かがみになれば、何か気もうつになりますが

空を見上げる姿勢になるとすっきりするように・・・

形が変わるとその中身は影響を受けるのです。


全てのものは形式と内容で構成されているのです。


姓名鑑定は形(形式)を見ながら、内容(心、考え方)を類推し

環境(人生)を類推(暗示)していくことなのですね。


ですから姓名鑑定により内容(精神構造)を向上させることができるのです。


幸せになるはずなのに幸せになっていないなら・・その原因を見つけ

対策をとることができるのですね。


テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

対応を変えると現象は変わる

熱田神宮で子供たちが綿菓子やおもちゃを欲しがり
パパは値段を気にしない人なので
子供が
「これ」と刺した剣はなんと1300円

「こんなの買って~。隣の500円のでいいじゃん」
と普段なら文句の一つでも出そうものだが
一生の思い出になるのかもしれないし
余計なことを言わないでいたら
「すぐにこういうのって壊れちゃんうんだよ」
今まで私が良く口にしたようなことを娘が発する

すかさず、
「言った通りになってしまうんだから
 案外長く遊べるんだよねっていおうよ」と私は付け足す

「電池新しいの入れ替えてくれたんだよ。」とパパと息子。

パパを東京に見送ってから15分後。

車の中で剣の部分がぽきっと取れてしまって
ただのさやになってしまった。

「パパには言わないで」

息子はパパを悲しませたくないのだという。

でもメールでそのことを知らせると

「残念だったね」とパパからの返事。

私はいつもこんなに高いのを買ってあげたのにもったいない

というエゴの叫びしか聞いてこなかったので

残念だという彼の感想に驚く。

そうか・・・息子にとっては残念だったんだ。

今までなら

「せっかく買ってもいつもあなたはものを大事にしない」と

落ち込む息子をさらに落ち込ませる言葉を投げかける私だった。

彼の価値観、信念の中に

「僕はものを大事にできないんだ」というものを

作り出していた。

でも今回はパパのおかげで違う対応ができる。

一緒に落ち込んであげると

息子はすぐ元気になって

剣の先が無くても、スターウオーズのように

光を放つ剣を振り回し夢中で遊びだした。

そして、後で冷静になってから

どうやってそれが壊れることになったのかを説明し始めた。

単に事柄が起こっただけで

起こした人というのは存在しない

インド哲学的にはそういうことになるから

誰も罪悪感を感じる必要はない

単に起こっただけだから

それに意味をつけて悲しむ必要はない




そして昨日

すっかり冬休みパパと過ごし

夜中までゲームしたりテレビを見ていて

昼と夜が反対になってしまった彼らに

明朝7時に起きられたらゲームをしても良いけど

今朝は寝坊したから一日ゲームなしという罰則を与えた。

夕方我慢が出来ずとうとうゲームをしてしまった時

私は叱らず、おおげさに、うなだれた。

すると弟が

「ママが落ち込んでる~」と姉に言いに行き

二人はゲームをすぱっと辞めた。

子供というのは親を悲しませたくないものなのだ。


いつもなら取り上げて、
 
「こんなもの壊してやる~」と脅し

取っ組み合いで喧嘩してもなお止めないくらいなのに・・・


悪いことをしているとわかってやっている時に

こちらがやり続ける言い訳を与えて

被害者にしてしまっていた時は抵抗していたのだ。


私が被害者になったとたん

加害者でいるつらさがわかったのだろう。



毎朝11時まで寝ていた二人は

なんと、今朝は朝4時に起きた。


まだ夜だからと再度布団に戻し

6時半まで待って

ゲームをさせてあげたけど、

結局8時には自ずと止めた。



何も言わなくてもちゃんとやめるんだ・・・


(やめさせないとずっとゲームばかりするのではないか・・・)

そんな心配や不安が今までの事態を招いていたのだろうか…

「9時までやっていいんだよ」

といっても二人は好きなテレビを見に行ってしまった。


人はやって良いのだと言われれば

選択を与えられたと思って

案外自律するのかもしれない。


義理の妹が弟が毎晩飲みに行くので体が心配とか

昨日も弟が暴れて大変だったと電話をかけてくる

夫婦というのは

どれほど愛しているかを伝えるよりも

余計な心配をして

病気になったり、悪いことが起こった時は

「ほら言った通りになったでしょう?」と

エゴが満足するように

祈っているとしか思えないことをしてしまっている。

潜在意識というのがどれほど強くて、
怖いものか・・・
誰も意識していない。

絶対うまくいくと信じる思いより
悪いことを引き起こす想念の方が強いのに・・・

子供の心配をし
旦那の心配をしてしまう

全てに意味があるという
人生を信頼していない

「自己中」というと

悪い意味で

我がままと同義語のように使われているけど

これは本来相手のことを思いやっていないという意味ではない。

他の人と合わせられないとか

思いやれないという意味で皆使っているけど

そういう基準でものを見る人こそ

「他者中」であるといえる。


自分というものがなくて

他の人に振り回され他の人のことばかり中心にしていると

そういう現象ばかりが目の前に起こってくる。


だから何か問題があると相手のことに焦点を置いて

この人はこういう性格だからとか

きっと女ができたのかもしれないとか

勝手に想像を膨らませ

余計に今を生きられなくなっていってしまうのだ。

自己中心的に自分を見ることができる人が

人のこともちゃんと理解することができる。


自分をちゃんと内観して

自分のことをちゃんとやっていけるように

人とかかわり、いろいろな経験をさせてもらえるのだ。

そのために問題というものが起こってくる。


だから

重要なのはこちらの対応の仕方で

現象を解決しようとしてもらちが明かない。

常に自分はその事柄にどう思うのか…

それはエゴが思っていることなのか?

相手のことを大事にみて理解すると

現象は想像に反して変わっていくのだ。


テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

意識が変わると現実が変わる

あけましておめでとうございます。

インドのデリーからさらに車で17時間の
パタルブブネシュワールへ
年末からカルマの解消に行ってきました。

アガスティアの予言から2か月
最後に書かれていた洞穴の中にある寺院は
180度見渡す限りヒマラヤ山脈で
圧巻の景色。

深い穴の中を地下に降りるスペースは
私一人で埋まるほど狭いのに
神様に呼ばれた人は誰でも入れるそうです。

鍾乳洞のような洞窟が長く続き
その中を裸足で歩き
神様が住んでいたと言われる場所で
発見されて以来18代目となる
この寺院の僧侶に儀式をしてもらいました。

その後、外でホーマと呼ばれる火の儀式。

たった2時間のこの儀式のためだけに
30時間かけてインドにやってきた甲斐はありました。

ここまで来させてくれた前世のカルマとアガスティアに感謝です。

こんなことでもないと、一生ヒマラヤを見ることもなかったでしょう。

右脳の教室に通っていますが

イメージしてと言われても見たことないものは
イメージできません。

こういう景色は想像できるものではないので
人生とはまだまだ知らないことがたくさんあって楽しいです。

それはそれは日本より寒く
やたら待たされるし
予定通りに行かないことばかりだし
車はパンクするし
食事は・・・だし
クレームになるような現象は数え切れないほどあっても
今年3度目のインドとなる私は
すべてに意味が合って起こっているのだからと
とてもシャンティー(平和)な気持ちで過ごせました。

インドがそんなに好きなの?と思う人もいるかもですが
そういうわけではなくて
同じ数訪れているNYなどは
確かに好きと呼べる街だけど
インドという国は
一言で語れる場所ではなく
ただ「呼ばれている」
という方が正しいかもしれません。

私の意図とは別で
偶然が重なって
向こうが招いてくれているから
行っているというの気がするのです。

九星気学のように、現世で生きる上での
役に立つ認識の仕方だけではなく、
肉体を離れてからもまだ続く
永遠の生命としての自分というものの
認識について
最近特に考えることが多くなっているのですが

エックハルト・トール
エドガーケイシー
バシャールや
インドのグルの人の本を読み返しながら
「なんて無意識に生きてきてしまったのかしら」と
この年になって初めて気がつきました。

心はいつも結果を期待し
安心を求め、
起ってもいない、想像上の不安や恐怖に惑わされたり
過去へ行ったりで忙しく
目の前のことを感じて受け止めて来れなかったのですね。

「今、ここに意識がある」ということの重要性を認識し
現実と思っている現象に巻き込まれないように
人生というドラマを監督として見つめるように
意識して生きてみるようにし始めたら
起こることが変わってきたように思います。

26日も、空港へどうやって行こうかと元旦那に相談すると
新しいロシア人の奥さんもその日ロシアに帰るので
一緒に乗って送って行こうという話になりました。

ちょうどひと月ほど前は
26日は彼女を送っていくから子供の面倒は見れないと
断られていたので
「私よりも彼女の方が大事なの?
 大人なんだからなんで成田まで連れて行くのよ?」

とエゴまみれの怒りに満ちた私だったときからは
想像もできない未来が現実となりました。

周りで起こっていることは
誰かのせいでも何でもなく
ただ起こっているだけなのだと
認識を変えたからなのでしょうか・・・

それとも

私が前世で2度結婚して
その後浮気して先妻を苦しめた男性だったという因果で
今回こういうことが起きているのだから
元旦那も役割として
私のカルマの解消に一役かってくれているだけなのだから
感謝こそしても恨む筋合いはないなと
納得したからなのでしょうか・・・

明らかに普通では考えられない変化なのですね。

以前の私ならプライドもあり
文句の一言も言って
自分も相手も傷つけていたでしょうけど
こうしてカルマの解消をしに行く私は
とても気持ち良く成田に向かい
旅行中2人の子供も見てもらい、
安心して旅を終え
帰国後も成田に迎えに来てもらい
初めて自宅に泊めてもらったり
食事も作ってもらい、
家族4人で富士急ハイランドに行ったり
熱田神宮に参拝に行ったりと
以前の結婚生活よりも快適な時間を持つことができたのです。

夫だから家族のために稼ぐのが当たり前とか
奥さんだから家事するのが当然といった
契約とか、常識にとらわれず
その時に気がついたものがやればよいという
見えない思いやりの中で
相手が不快になるような会話はされることもなく
ただただ、今この瞬間のことだけ意識して
過ごす時間でした。

きっとカルマの解消というのは
そういう風に意識が変わることなのかもしれません。
行ったから変わるというよりも
それをしようがしまいが関係なく・・・。

もちろん神様(天でも良いし、宇宙でも良いのですが・・・)
のおかげなのだと思います

そういう風に勝手に意識が変わったのではなく
明らかに私がしているように見えるけど
今はちゃんとそうではないと知っている自分がいます。

パタルブブネシュワールで夢に亡き父が出てきました。

母の夢にも祖母の夢にも出たことが無いのに
夢なんて普段全く覚えていない私なのに・・・
はっきりと一言一句覚えているのです。

神様に会える場所だと言われた通り
夢として見せてもらえるのでしょうね。


インドに行くと人生観が変わる

へーそうなんだ・・・

と何十年も思っていましたが

そうかもしれないと実感するお正月です。

旅の写真集はここをクリック

http://www.facebook.com/album.php?aid=24635&id=100001528439042&saved









テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

ご案内
最新記事
↓こちらもひと押しお願いします
お薦めの本
過去の記事
無料メールセミナーはこちら
メルマガ購読・解除
 
プロフィール

心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)

Author:心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)
マインドズーム代表
村山幸徳先生の
「正位気学会」
認定スーパーバイザー
TOEファシリテーター
(認知心理学、行動心理学)
九星気学、姓名鑑定、易、
家相、顔相、などを学ぶと
運勢がよく分かり、
心が前向きになり
問題や悩みが
ご自身で解決できるように
なります。
宇宙のリズムを知り、
潜在的な能力をあげ、
吉を取り入れると
幸福な毎日を送れるように
未来はガラっと変わります。
コンサルタント、鑑定士
カウンセラーや
運勢学の講師になれるよう、
初心者から鑑定者レベルまで
様々な講座をskypeで
開催しております。
音声をダウンロードするだけで
自宅でトップクラスの
生きる知恵が学べます
CDでの通信講座もございます。
通勤や家事の間にも
気軽に学べます
岐阜在住
二児の母

お薦め書籍
カテゴリ
RSSリンクの表示