2011年の運勢と心構えの講座!明日です!

早いもので明日が12月の節変わりとなります。

早い人は来年の気がもうそろそろ出ているのではないでしょうか?

九星気学では一年が12月31日に終るのではなく

2月4日が一年のスタートとなりますが

もう2011年の気が早い人は出てきていて

そういう人は運勢がとても良いですね。

2011年は辛という天の気と

卯という地の気を受け

七赤という人の気がそろい

天人地の働きが自分の周りの運勢を左右します。

辛と卯をたすと「辛卯」「しんぼう」と読めますね。

辛抱の一年であり、芯棒が大事な時でもあり

信望のもてる一年になるように

世界情勢と運勢と、

それぞれの星に応じた心構えをお伝えしたいと思います。


大きな流れの中で

自分は勝負の時期なのか・・・・

種まきの時なのか・・・

収穫の時なのか・・・・

タイミングというのはとても大事なものです。


自分の定まる方向性や目的があってこそ

それに対して応援がやってきます。


孔子の考え方では


自力という生きようという力が先に有って

活かそうという天の気と地の気がやってくるといいます。


幸せの青い鳥は捕まえにわざわざ探しに行く必要はないのですね。



目の前の課題に果敢に取り組む生きる力に応じて

神仏、天、宇宙、(どういう言葉でも構いません)が

活かしてあげようとやってきてくれるものだといいます。


受講はスカイプもしくは固定電話で

朝9時からと

午後14時からとで行います。


ご希望の方には

テキストをメールしますので

お早めに!


テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

子育てに関するご相談の解決方法

子育てのことで悩むママの相談を受けることが
最近続いていますので
その参考になればと思って
今回はお届けします。

立川の右脳教育の教室のHEGLでも
ママたちは九星気学や易を学んでいますから
自分は八白で子供が三碧だから
相星ではないから
こうするとよいなど
子育て上の役に立つヒントは
九星気学からも
読み解けますが
全ての問題を
そうやって解決できるものではありません。

カウンセリングやNLPを学んだとしても
スピリチュアル的なことを学んだとしても
枝葉だけをみてどうこうしようとしても
また同じ問題にぶつかり
堂々巡りになってしまい
大きな幹を見ないと解決はしないことが
良くあります。

それ以前の問題として、
こういう人はこういうタイプだからと学ぶことで
相手をうまくコントロールできるかのように
それを武器として勘違いする人もいますが
そういう使い方をするのは
お薦めしたくないですね。

「100人が100通り違う」
ということを
理解すると
相手のことを許せないって思っていたのが
なくなってきたり、
相手の不可解な行動の理由もわかるようになるので
コミュニケーションのひとつとして
思いやりとして使って欲しいと
私は思っています。

その次の段階として
頭だけで理解するのではなく
体というか、マインドがわかるために
自分の思考が作り出している外側の現象として
問題が起きているのだと見るのも
大切な第一歩ではないでしょうか?

自分の思った通りにならないから
違和感とか、怒りが出てくるわけです。

子供が言うことを聞かないとか
非行に走ったとか
現象だけをみて
どうしたら良い子になるのか・・
そう悩む
子供を変えようと思ってしまう
そのスタンスがまず違うように思えます。

つまり


周りの環境の何も変えなくても
自分の受け取り方
見方が変わるだけで
現象が違って見えてきて
今の自分が幸せだと感じられるようになるということを
教えてくれるために
そういう問題が起こっているということです。


なぜ、自分が腹が立つのか…

なぜその態度が気にいらないのか…

問題によって
自分の信念や価値観やトラウマを
ちゃんとみつめようよ!
そういうメッセージなのだと思うのです。

エゴとの対面を避けるために
日常はやたら忙しくさせてくれて
とてもそこに向かい合わせてはくれません

でも本当に苦しくなって初めて
敵は相手にではなくて
自分の中の
嫉妬とか貪欲さとか
エゴなのだと知ったら
不思議とそんな現象までが
変わってくるものです。

鏡の中の自分を綺麗にしたかったら
ひどい顔をしている
自分が笑わないと
鏡の中の自分もニコっとしてくれないように。

子供は寂しいのかもしれない・・・

甘えたいのに甘えられないのかもしれない・・・・



それは子供だけではなく

ママ自身も甘えたいのに甘えられなかったり

寂しいのかもしれません。


だから相談できる誰か、仲間とか

友達が必要なのですよね。

また、

怒るより前に

「良い子のあなたがどうしてそういういことをしたの?」

「どういう考えがあってしたの?」と聞くのと

「いつもこういうことばかりして」

「またやって」

という言い方をするのとで

出てくる答えが違うということがわかるでしょうか?


相手の可能性を信じることもできれば

勝手な思い込みで相手の能力をつぶすこともできます。

それはなんと無意識でいつも行われがちです。

うちの子はアスペルガーなので

駄目とか否定的なことをいえば

パニックを起こします

でもこれはどの子も同じだと思うのです。

結果ではなく、

足りなかったことではなく

その努力や過程をわかってあげる

プロセスが大事ですよね。

そうすると一度へこんでも

またやろうという勇気がわいてくるものです。

こちらが上手な叱り方、

上手なほめ方をすることに

母親というのは智恵を駆使したいものです。

そしてさらにもっと突き詰めると

子供のことばかりに構ってないで

自分らしい生き方をしなさい

そんな天からのメッセージのようにも思えます。



お母さん自身がどう生きるか

夫婦としてのあり方

娘としてのあり方も含め

問われているのだと常に感じます。


12月は7日に

来年の展望開運セミナーをやります。

宇宙の流れはどうなのか・・・・

その中で自分がどう生き

周りの人の運勢はどうなのか・・・・

知ると知らないとではまた違いますね。


12月から

それぞれの9つの星の象意を

お伝えしていきます。

エニアグラムが9つあるように

人も9つのタイプがあり

さらに9つの傾斜があるので

81通りの人がいるわけですよね。

でもそこだけだとやはり物足りないので

来年は、心理学的なセミナーも

並行してやっていこうかな・・・と

思っております。


誰でも自分を理解する以上には

他人のことも理解してあげられません。


その原則のもとに

やはり自分自身を知ること

すべての現象はそれを解くカギのように思います。










テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

ご案内
最新記事
↓こちらもひと押しお願いします
お薦めの本
過去の記事
無料メールセミナーはこちら
メルマガ購読・解除
 
プロフィール

心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)

Author:心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)
マインドズーム代表
村山幸徳先生の
「正位気学会」
認定スーパーバイザー
TOEファシリテーター
(認知心理学、行動心理学)
九星気学、姓名鑑定、易、
家相、顔相、などを学ぶと
運勢がよく分かり、
心が前向きになり
問題や悩みが
ご自身で解決できるように
なります。
宇宙のリズムを知り、
潜在的な能力をあげ、
吉を取り入れると
幸福な毎日を送れるように
未来はガラっと変わります。
コンサルタント、鑑定士
カウンセラーや
運勢学の講師になれるよう、
初心者から鑑定者レベルまで
様々な講座をskypeで
開催しております。
音声をダウンロードするだけで
自宅でトップクラスの
生きる知恵が学べます
CDでの通信講座もございます。
通勤や家事の間にも
気軽に学べます
岐阜在住
二児の母

お薦め書籍
カテゴリ
RSSリンクの表示