なぜ悩みが尽きないのか?

私ってこういうものという思い込みがある中では
夢を描こうものならとてもつらい。
宝地図とか、夢実現セミナーとかに行っても
変われなかったり、
夢を描くことが苦痛に感じる人もいるだろう。

だいたい、今から目を背けて
未来に逃げても問題は解決しない。

劣等感があるわけだし
そんなの書いてても、
できるわけないと本音があるので
その作業自体がつらい

また、
私たちを守っている
価値観、信念、トラウマがあるままで
夢を描いたとしたら
私ってこんなに不幸なんです
こんなにつらいんですという信念を
証明したいための願望となるので
それは、夢というよりも
誰かを見返したいとか
大金持ちになってやるとかの
欲望リストとなり
それは
自虐行為や
自滅行為なわけで
それに引き寄せられる同じ波長の
現象を呼び寄せ続けるので
天はそんな夢リストを叶えることは
本人には良くないと思うから
その宝地図なり、夢は
叶うことはない。


多くの自己啓発セミナーでは
そういう自分の世界観を認識したり
ぶち壊すことなく、
ただ、
ついてるとか、
何らかの言葉を声に出して繰り返したり
信念を書き換えたりするけど、
いくらそれをしても意味が無い。

実は私たちの日常に起こる問題というのは
私たち自身が作り出している。

私たちの魂は成長したいのに
信念や、思い込みや、情報や、
過去の経験やデータというもののせいで
自分の枠を作って生きてしまっていることを
心は黙っていない。
心が頭にくるから問題が起こる。

本当はちゃんと生きたいのに
何のために生まれてきたのか?
何を始めたらよいのか?
何をやめたらよいのか?
そういうことを考えさせないように
邪魔しているのがエゴ

そういう自己認識ができないから
私たちは苦しむ。

その問題は当然克服できる問題なわけだから
劣等感があれば、
足りないところを努力したら良いし
いらない信念などは捨てたら済むことだけど
そう簡単にはエゴは変わらせない。


このままでいいよ~と
自己保存に走らせる

考えたくないから
テレビ見たり、セミナーに行ったり
本を読んだりと外的なものに走る

やっている気になるけど、
知識は入っても
経験を伴わないので
人生を生きるだけの叡智にはならないから
当然、不安になるし心配は尽きない

そうなると、私たちは、外的な認識を求める

お金を稼いだら認めてもらえるのではないか・・・
というような周りからの認知されることを求めだす

周りの誰かの役に立たないといけないのではないか・・・
というように、
誰かに認められることで自分の生きる意味を見出す

この自分の狭いルールは
私なんて生きていても意味が無いという無価値感を生むし
存在理由がなくなるので
持っていると危ないのだけど
なかなか捨てられない。



そのまま持っているとどうなるか・・・

人は無責任になり

何でも人のせいにしてしまい
もちろん感謝もできないし

自立できない。

こういう人が占いジプシーのように
他力本願になる。

人に聞きまくる。

探し回って、皆が言うことが違うといって混乱する

本当の自己啓発とは、外からの洗脳ではない
そういう段階の人もいるだろうし
刺激になり、きっかけになるかもしれないけど
そろそろ内側から突破して
こんな自分のルールをはずそうとしていかないと・・・

だから
問題が起こったときは
そういう自分の狭い世界観を変えるチャンス
成長のために枠を壊して
そういうものを手放して
どんどん減らしていかせようと
自分の魂がしているわけだから・・・。

でも、問題が起こると
その外の現象ばかりに注目して
それをどう対処したらよいかと
考える癖がついている
でも、その現象を変えても
他の現象がずっと起こり続けて
サイレンは鳴り続ける。

だから、ある意味
夢や目標とかを持つと
自分の枠をはずしたい、もっと広げたい
いらない信念を、
間違った事実ではない過去の記憶を
はずそうと思えるので、
意味はある。

だから夢リストは
お金が欲しいとか車が欲しいとかではなくなるだろう

こういう人間になりたい
自分の生きる意味を見つけたい
もっと勉強したい、
自分を磨きたいと・・・

無知であるという事は
自分を認識できないということは
自分のことも出来ないだけではなく
人のこともできないのだから
罪である

だから勉強することが大事で
勉強に終わりは無い

自分のことをちゃんとやろう

今日のメッセージはそれにつきる



テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

九星気学・星の象意

人間の意識作用のうち、
知覚作用は二黒土星が担当し、
アイディアや知恵、智慧は三碧木星。
感情と直観は九紫火星です。

記憶は一白水星。

潜在意識といった大きなくくりは一白水星で、
顕在意識は九紫火星でしょう。

となると好き嫌いの好みというものを、ひとくくりにする星はないですね。

安定性や平穏性を起こさせるものは四緑木星で、
いかりを起こさせるものは九紫火星。

落ちこみをもたらすのは一白水星だけど、
ふて腐れを与えるものは五黄土性で、
精神の高揚感は三碧木星がもたらせ、
やる気は六白金星が担当しているのですね・・・

でも、三碧がやる気になることもありますね。

星の象意は何を見るかで変わってくるのです
奥が深いです。

いろいろな悩みが出てきたときに
原因や解決法が隠されております

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

来年の運勢

2010年は寅年。庚、八白土星が中宮。

大変革の時代です。

この年の世界情勢や、社会情勢と、

自分の運勢はどうなるのか?

知りたくないでしょうか?

そういう流れの中で

自分はどう進むのが良いか・・・

パートナーは?

子供は?

残された2ヶ月弱

今年2010年の1月までに

しておいたほうが良いことは?

何か開運する方法はあるの?

AをするとBが起こりますというのの

Bというのは、

収入が3倍になりますとか

会社が大きくなりますとかいうことですが

Bは他力のFORCEの部分ですから

これが起こるのは

Aの自力が先にあるからこそ。

他力を待っていても、

何もしない人には、

何もやってこないのです。

占いが外れたという人に限って

待っているだけで

何もしないのですよね。

本人の目標へ向かっての動きが先にあってこそ

来年はこういう年になるというのが

かみ合ってきます。

世の中の天の気と、地の気と、人の気を

お伝えしたいと思います。

それがわかると

世の中の動き

自分の人生における流れ

星の象意もわかってくるので面白いと思います。

鑑定希望の方は御連絡ください。

ちょうど、冬至も近いので

恵方参りの仕方、

恵方置きの仕方もお伝えします。

チャンスに恵まれる

チャンスに乗るための勇気が湧く

そういうお参り方法です。

12月22日の夏至に行なうものです。

もともとこれが元旦の初詣でした。

そして、夏至と、冬至に追い参りに行き

自分のスタンスを確認するというもの。

恵方巻きを食べるというのはひどい冗談なんです。



atma358@gmail.com

テーマ : 占いカウンセリング
ジャンル : 心と身体

手相の講座を受けてきました

インドから来日しているウマ師に
手相を見ていただき、
さらに
手相講座を受けてまいりました。

インド占星術と同じように
手相の中に木星の丘とか、
水星の丘とかがあるのですが
インド占星術のような
生年月日も、時間もわからなくても
ただ手相を見るだけで、
すべてがわかってしまうことに驚愕しました。

私自身前世で、聖人になりたくて修行をしていたのに
35歳で、親や子供の面倒を見ないといけないということで
断念したのだそうです。

そうです!

手相は前世も見えるのです。

今世では、夫も、子供も、親も私の邪魔をせず
使命が全うできるようになっているとのこと。

ありがたいですね。

親の支援があるのでここまでやってこれたし
占いや数多くの魂の学びの講座や旅行に参加できるように
子供も、夫も理解してくれています。

今世では、専業主婦では終われない・・・
世のため、人のために
占いとかヒーリングを通して
人々の悩みを解決し、
それぞれの人の使命や、
弱点や、
幸せになるための情報を
提供していくのが求められているのだと言われました。

占いには全く興味が無かった私が
タロットに出会って、まだ1年もたっていないのに
多くの方を鑑定させていただき
経験を積ませていただく中で
収入もいただけているのは
まさに、天からの導き

結婚も33歳から35歳ですれば
問題なく、金銭的にも素晴らしく恵まれたようですが
不幸にも
初回は28歳、
2回目は36歳でしたから
その結婚は最悪で、
解放されて良かったとのこと。

ま~そういう苦労があるから
今があるのでしょうから
意味の無いことは起こらないのでしょうね。

将来は、地位と名声が用意されているようなので
それだけ多くの人の人生が変わっていくことに
携わらせていただけるとしたら
さらに学びを深めたいなと心が決まりました。

鑑定をすることで
依存をする人が増えることが
私のブレーキで、
鑑定をすることは控えておりました。

しかし、先日もスピマで多くの方と出会い
誰もが一人一人、
違う能力を持ち、
成長のレベルがあるわけで、
全ての人が自立して
自分のことを自分で冷静に見ることは難しいのではないかと
思っていたところなので
今後は、ウマ師に言われたように
私ができる最善をやらせていただければと思います。


右手が未来、
左手が過去、前世などを見るようで
両手を見ながら見て行くのですが
親との同居を迷っていることや
発達障害のある我が子のことなど
本人以外のことも聞けば
おっしゃってくださるのですが
何せ私は仕事、使命のことのほうが
役割は大きいとのことで
家族に関しては
言ってもあまり近世では意味が無いのでと
あまり言われませんでした。

その人の一番、知りたいことを
アドバイスしてあげること

占いを仕事にする中で
占ってもらうことで
学びも深まりますね。


彼女は東京と名古屋で鑑定と講座を持っております。
お薦めです。
ウマ師の手相相談




テーマ : 占いカウンセリング
ジャンル : 心と身体

ご案内
最新記事
↓こちらもひと押しお願いします
お薦めの本
過去の記事
無料メールセミナーはこちら
メルマガ購読・解除
 
プロフィール

心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)

Author:心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)
マインドズーム代表
村山幸徳先生の
「正位気学会」
認定スーパーバイザー
TOEファシリテーター
(認知心理学、行動心理学)
九星気学、姓名鑑定、易、
家相、顔相、などを学ぶと
運勢がよく分かり、
心が前向きになり
問題や悩みが
ご自身で解決できるように
なります。
宇宙のリズムを知り、
潜在的な能力をあげ、
吉を取り入れると
幸福な毎日を送れるように
未来はガラっと変わります。
コンサルタント、鑑定士
カウンセラーや
運勢学の講師になれるよう、
初心者から鑑定者レベルまで
様々な講座をskypeで
開催しております。
音声をダウンロードするだけで
自宅でトップクラスの
生きる知恵が学べます
CDでの通信講座もございます。
通勤や家事の間にも
気軽に学べます
岐阜在住
二児の母

お薦め書籍
カテゴリ
RSSリンクの表示