願いと違う現実が起こる理由とは?それを変える方法は?

なぜ朝になると、人は起きるのか?

仕事があるから

じゃ~仕事が無い日曜は?

お腹がすくから

ベッドの上で食事を持っていっても?

それでも起きるのは?

そう神様に作られているから・・・

哲学的になると、理由がわからなくなると決まって出てくるのが神様。

ちょっと待った・・・

私たちに選択の自由は無い?


そんなことはない。

その選択は実は、

行きたいところがあるから

やりたいことがあるから

といった私たちの欲望。

私たちはそういう欲望があるから

朝起きるのだ。

私たちが生きるということは

つまり、

欲望があるから



欲望が無くて生きている人はいない

インドの世を捨てて、お金も何もかも

着るものですら所有しないサドウですら

悟りたいという欲望がある。

木にも、虫にも・・・・

だから、運命とか、宿命とか決まっているかもしれないけど

リーディングしたり、

前世を知ったり

占い師に聞いたり

アガスティアの葉をあけてみたとして

そこにどんなことが書かれていても

今の私たちの選択次第で、未来は変わるのだ。


明日は運動会と予定には書いてあっても

自分がリレーに出たくなかったら

でないと決めることができる。

出なかったとしたら、

誰かに迷惑かけるかもしれないけど、

その誰かが優勝して、賞賛を浴びるかもしれないし

未来は書かれていたこととは違う未来となる

何を選択するかはその人の価値観や信念や

本音が決める。

めんどくさいとか

頼まれたことはちゃんとやらなきゃとか

子供が喜ぶからとか

その理由は様々。




人生でこの人と結婚してよいのか?

この仕事でよいのか?

そういう迷いが常に起こるけど

私たちは何を望んでいるのだろうか?

結婚して養って欲しいのか

子供が欲しいのか

愛する人が欲しいのか・・・?

それは寂しいからなのか?

心配をしたくないからなのか

安定が欲しいからなのか・・・?

お金が欲しくて仕事をするのか?

やりがいが欲しいのか?

地位や名誉が欲しいのか?

何を望んでいるのだろうか?

望みがあるということは

今それが無いからという

欠乏の状態を意識していることになる

未来は常に私たちの今の手の中にあるのだが

何を願ったとしても、

私たちの幾層もの心の奥の本音通りに

人生は導かれていくので

お金が無いから養って欲しいと思っている人は

お金が無いという意識に従った未来を得るために

そういうパートナーを好きになる。

欲したものと逆の現実が常に用意されてしまう。

何度も結婚に失敗している人は

男運が悪いのだろうか?

小さい頃に両親を見て、

男は暴力を振るうものとか

何らかの潜在意識の中に結婚やパートナーに対して

否定的な思いがあれば

どんな良い男性が目の前に現れたとしても

離婚するように仕向けるのは自動操縦装置の潜在意識

その筋書きを自分が演じるような人生の舞台が用意される

だから何度配役が変わっても同じ。

外に起こっている現象は

自分が起こしているのだから

どんなに良い人が現れようが

どんな良い仕事に恵まれようが

幸せになれないように選択をしているのは自分

本当は人とうまく付き合いたいのに・・・

それは願い

自分は孤独だというのが本音

その本音と共鳴するのが「外気」

本音を現実化する方向へ方向へと外気は動く

だって、気はいつも私たちと調和してくれようとしているから

だからいつも孤独になってしまう。


私たちの意識が「気」を作り

その外気に影響された現実となる。

始まりは自分なのだから

実際に自分を変えようとか思っているところは顕在意識

こんなところはたった3%

本当の自分を動かしている潜在意識を変えることが肝心

でも、潜在意識は無意識だから変えようと思っても変えられない

だから、毎日コツコツ、顕在意識で出来るようなことを

続けることで、潜在意識に落とし込むことができる

だからイチローとか毎日同じことを繰り返す

毎日同じことを続けること

これを戒という。

これが難しい。

でも、毎日笑顔で過ごすとか、

明るくするとか、言葉使いを変えてみるだけでも

その効果は潜在意識を変えるまでになる

だから吉方を取ったり、

自分の言動を変えたり

名前を変えたり

形を変えることから、潜在意識の本音を変えていくのだ

じゃー、毎日トイレ掃除をしようと決めたとする。

「やろう」タイプなら、

やろうという現在の積極的な態度と

やったらプラスになるの

未来の幸福の想定を同時に持っているので

成功者となる

しかし

「やらなきゃ」タイプだと、

やらなかったら、マイナスのことが起こるかもしれないと

常にマイナスを想定し

やらないという現実をマイナスだと考えているから

やらないことに対する概念をいつも抱えてしまう

現実と未来のやらないと2つのマイナスを。

そういう人はマイナスと苦労を想定した人生を送っているので

発想も暗いし

潜在意識の中で人の物事を押し付け

失敗した人を責め、

子供にはしつけが厳しくなり

叱り方も激しくなりがちである

やろうとやらなきゃは全然ちがうのだ。

だから、自分の頭の中で

毎日どんなことを対話しているのか・・

これによって自分がつくられていくのである

自分との対話で

「また」という言葉ですら

よい時に使う人は成功する人

いつも苦労ばかりの人は、

大変なときに「また」と言ってしまうから

また大変なことばかり起こる


あの人は嫌いとか

一旦形成された感情などは変えるのは難しいし

取り除くことも難しい

だったら潜在意識に良い言葉、良い思考ばかりを詰め込んで

そういった負の要素を追い出してしまうのが良い

ぜひ、今日から、新しい良い習慣を始めてみよう

11/30(月)午後14時より、やさしい気学~初回講座~

初めての気学講座
好評のため
昼間にまた開催いたします。

11月30日(月)14時から16時
スカイプにて

最大吉方の出し方
運勢をアップするためのラッキーカラー、ラッキーナンバー、場所など
凶方の出し方、日盤吉方の取り方などなど・・・。

ご自身の最大吉方がわかることで
どういう性格なのか、
今年や来年の運勢から
どういう行動が吉を高めるのかなど
気学の初心者のための講座です。

ご家族、
特に、ご主人や、お子さんや親御さんを
より深く理解するため
または、ご自身の進む道を
改めて発見できるきっかけになるかと思います。

募集は残りあと1名です。
テキストを送る関係上
お早めにお申し込みください。

受講代金  3000円
テキスト代  2100円

atma358@gmail.com

テーマ : 占いカウンセリング
ジャンル : 心と身体

初めての気学講座~吉方の取り方をお教えします

この連休に旅行にいかれたい方のために
または、年末年始のご家族旅行の計画のために、
ご自身の吉方がどこで
凶方がどこか・・・?
家族にとっては?といった疑問にお答えすべく
急遽、初めて気学にふれる方に向けて
吉方の取り方の講座をいたします。

12日 木曜の13時から15時

スカイプで。

料金は3000円です。

別途資料代がかかります。
(カレンダー1600円)
(ハンドブック500円)

残り 2名

ご自身の本命、月命を出す方法

ほとんどの世にあふれている、気学は月命を用いません。

同じ年に生まれた人が全員同じ星だけでは?ですよね。

ご自身の夢を実現させる力を増やすためには
生まれた日に応じて
最大吉方というものを知ることがとても有効です。

自分のラッキーカラー、ラッキーナンバーから食べ物、場所などがわかります。

ご自分の中の気を整えるのが名前だとしたら

世の中にある、外の気を取り込んでいくというのも

他力的なエネルギーとして

自力のすでに、ある方にはとても効果があります。

足りないものを、補い、バランスを良くしていくことで
引越しや、仮吉方の方位の選定はもちろん、
毎日の吉を取り込む、日盤吉方や
恵方参りや、天道吉方の取り方もお教えします。

締め切りは資料をお送りする関係上、
明日の月曜までです。

時間があれば、
今回は特別、吉方を実際に取らなくても
日常の行動の中で、どういう行為が人を喜ばせ
ご自身を最大吉方的人間に大改造できるのか
どういう言葉がけが、子供やパートナーなど
大事な人を励ますことが出来るのかというような
「動軌の法則」を盛り込んでみたいと思っております。



インド占星術と易

先日私の占星術のK先生の師である
サンジェイ師が、インドから来日されたので
占星術のチャートをクンダリーというのですが
それを初めて見てもらいました。

母が7kgもやせて、眠れない、食べれないと言うので
私が実家に帰って、同居したら良くなるのではないかと
思っていたので、
早速それを聞いてみたら

「引っ越さないですね」

と言われてしまい

(その断言はどこから来るの?と思うのですが)

「身内が困っているのにですか?」

というと

「ここにいて経済的に自立したら、家を購入するので
 その建てたうちに
 お母さんを呼びなさい」

と言われてしまいました。

本来なら、経済的にも自立して、不動産まで手に入れるのかと思えば
うかれるものでしょうが、そうは思えません。

困っている母を放っておいて、
ここに残ると言う選択はありえない!
と思ってしまうので・・・

そういうふうに 
思い、悩むことが
私の前世までのカルマの仕業であり、
このクンダリーに出ている
凶の惑星と吉の惑星の影響とのこと。
しかしこれも、
9つの惑星に祈りをささげるヤッギャーによって解消されるとのこと。

つまりカルマの解消と呼ばれているものです。

それをしたら、
母が元気になるのか・・・
母が誰か別の人と同居することになるのか・・・?
もしそれをしなかったら、母はどうなるのか?
私が同居したら、どんな悪いことが起こるのか?

未来を考え始めたら切がありません。

易でも、今回の引越しは「風雷益」

利益になると出ていました。

そのあとの変卦を見るのをすっかり忘れていたのですが
変卦を見たら、

「山地剥」

まずは足元を固めることとあり
重要な決断をあせってはいけないとありました。
それは、その後
今まで積み上げたものを
全てを失ってしまうかもしれないからだと。

まさにそこはサンジェイ師にも言われたところでした。
まずは経済的に自分の力で自立することと。
今のまま帰ってはいけないと。

「雷風恒」

そのままでいること
大きな変化、新しいスタートを表しているけど
そのまま続けること。継続持続させること。

VEDAやインド占星術の学びは
確かに東京のほうが恵まれてはいます。

でもスカイプや通信講座で学ぶことは続けられるし
私の使命といわれた、
ものを書き続けるということも
どの地にいても可能なのに・・・

そう言っても、首を縦には振ってくれないサンジェイ師。

「山沢損」

損をすると言う意味。
下から上への損

自然は前進だけを全てとしない。

増大もあれば減少もあるわけで
この減少も一つのチャンスだから
さらなる発展の布石となるのかもしれない

サンジェイ師の示した道は
私がVEDAやインド占星術を極めたいと言わなければ
出てこなかったと考えられます。

私は、話の流れで
宇宙から、そのインスピレーションをもらって
インド占星術をすることになっている
といわれてしまいました。

今まで3度ほどそういう啓示もあれば
試練も与えられたらしく
自分がしたいと思って
皆ができるものではないのだから
バイパスとして
こういう道のほうが厳しいけど
魂の成長として
天からの視点で言えば
最短距離でいける道を教えてくださったのでしょう。

しかし、私は釈迦でもない凡夫なので
家族のためにというのが最優先の視点になってしまいますから
いくらそうは言われても、
ここには3ヶ月しか住んでいなくて
せっかくの吉方への引越しが無駄になってしまっても
学校を変わったばかりで、また娘が転校することになっても
息子が大好きなサッカーや、バイオリンや
仲の良いお友達との卒園式を待たずとも
もう引っ越さないといけないと
思い込んでしまっています。

さて・・・・

ナヴァグラハという私のカルマの解消は代行を頼めば
30万円から120万円はかかると言われています。

しかし・・・

私のカルマなのに
代行を頼むとか
お金で解決すると言うのは
何か違和感を感じます。

ここは一つ
「自分で毎日やるぞ!」と
マントラを唱えることにしました。

そうすることで・・・
何か私のカルマも変るのでしょうか・・・?
いつも迷ってしまうその究極の選択のときが
悩まず、すらすらと進めるようになるのでしょうか・・・・

それにしても、インド占星術の正確さは
恐ろしいものがあります。
ま~生まれた時間と場所まで必要なので
その人特有のものと言うのでは
アガスティアの葉と同じだとのこと。

昨夜改めて家族全員のクンダリーを見ましたが
旦那が伴侶以外の人と付き合うとか
私の結婚生活は幸福とはいえないとか・・・
そんなこと始からわかっていたら
何か変わったのでしょうか?

主人は生計を立てるために他人に頼るとあるし
常に裁判とか訴訟だらけの人で
まさにそれが人生のテーマだし。

私は外国語や、いろいろな言語を身につけるし
趣味が趣味で終わらずそれを仕事のレベルまでするし
一生、ブログを書いたり、
本を出版するなりして
ものを書くことを続けたほうが良いと言われ
これは父の遺言でもあったな・・・と
感慨深いものがありました。

未来がわかってしまうことに
何の意味があるのかな・・・とも思うのですが
それでも、何かを辞めるにしても
何かを続けるにしても、
決断のきっかけになったり
その決断の勇気になるものですね。

選択するのは私。

でも12月に今度は手相も学ぶので
その先生の答えも待ってみましょう。

手相には私の出した決断が反映しているそうで・・・

「手相ってその都度変わるんですか?」と
びっくしりました。


易と、インド占星術の答えが全く同じというのは
やはり、今見えている未来は同じ
私の選択によって変わると言う証拠ですね。
未来が決まっているのではなく
私たちの選択で未来は変わるのですから面白いですね。






テーマ : 占いカウンセリング
ジャンル : 心と身体

「人生とは何か?」の質問にどうやって答えますか?

人はステップアップしようとすればするほど仲間が少なくなる。

セミナーに行けば、仲間も増えるかもしれないけど
仲間は私の代わりは生きてくれない。

だいいち、人は自分に興味あっても人には興味ないし・・

ただ、自分の人生に退屈になっている人は
やたら人の人生を探求しようとする

目で見えているもので分かったような気になり
目で見て全部変わるなら苦労しない。
外に出ている現象は内なるものを出しているだけだから
内なるものを見なければ
何の問題も解決しない

でも、その内なる世界は気が遠くなるほど広大で
探求する量が多すぎる
魂レベルや潜在意識が宇宙大に大きいことを知っているから
その無限に途方にくれて
安心したいと逃げて、
確証が欲しいと近道を探してしまう。

でも、近道なんて無いのだ

やらないといけないことをやっていないから
心配になり、
それを埋めるために、
外的なものに走る

どんどん自分の本質を見つめることから遠ざかる

自分とのコミュニケーションも、うまく出来ないから
もちろん人とのコミュニケーションもうまくできなかったりする
うまくできるようになりたいと
たくさんのセミナーがあるけど
人生は誰かに理解してもらうためにあるのだろうか?

良い友達が欲しい、
そう思うのは何のため?

人生は、寂しさを埋めるため?

コミュニケーションをとりたいのは何のため?

小さい頃は、理不尽なことが多かった。

道理もわからないし、
なぜそれをしないといけないのか
説明してくれる人も無く
周りの人間の価値観に合わせないといけなくて
自信をなくして、傷ついて、
そんなじぶんをかばうために
当事者なのに、別の自分を作り上げて、
被当事者になり、
客観的に見ようとして
傷つくこともなくなったと同時に
無感動になっていった
私は16歳くらいにそう決めたらしい

今の10代の若者も、人生がどういう意味があるのか
人生とはどういうことなのか?
それが分からないという人が多数いるようだ

どうやってお金を稼いだらよいかとか
そういうことに関心を示すよりもだ

自分には価値があるのだろうか?
生きる意味があるのだろうかと
命を粗末にする風潮もそこからきている

夜回り先生がいつもいうのは
私たちが生きていることは
自分を喜ばせることではない
誰かを喜ばせ、幸せにしてあげることだと。

でも、自分のことすら、見えていない人が
「人生とは?」の質問に
誰が答えることが出来よう。

自分のことも理解できていないから
人の言葉の意味すらも理解できない

「あなたは優しすぎるわ・・・」
別れ話の女性のせりふが
何を意味しているのかを
男性は知らない・・・

なぜ自分はその人の前で笑顔でいるのか?

なぜ自分は強気で振舞っているのか?

なぜいつも気を使っているのか?

自分のそう振舞う理由を知らずして、
その奥にあるそう振るまうようにしむけている
自分の内的な要因に気がつかずして
どういう風に振舞えば良いのかだけを教えても
意味があるのだろうか?

私は私の何を守りたいのだろうか?

何を恐れているのだろうか?

怖れから、宗教も生まれ、
恐れがあるから税金も払い
政府も存続し続ける

恐れが世界を動かしている。

これをしたら、恐れがなくなるとか、
不安を取り除くことは不可能なのに・・・・
そういう商売が世の中にはあふれている

一つ取り除いたとしても、
また別の不安や悩みがやってくるのに・・・

完全になりたい、
完璧になりたいと思っても
人生はいつまでたっても未完成

外に求め、
もっと、もっとと獲得することにばかりエネルギーをかけても
いつまでも、不安も不満も埋まらない


人生に近道はない
肉の持つこの限られた時間の中で
時間の無駄使いするのをやめて、
ちゃんと自分の今与えられている
この今を生きられるようになるために
克服できるべき、目の前のことを
ちゃんとやっていかなくちゃ。

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

病気を作り出す内的意識

怒りや悲しみも、私たちの胃腸は消化してくれている
1~2ヶ月何も食べなくても便は出るのだから
明らかに、食べ物だけではなく感情を消化していることがわかる
しかし消化されず、溜まりに溜まると肝臓やら、内蔵に行くらしい

ベジタリアンになって1年

先日父がなくなり、母は全く食欲がなくなって7kgもやせた
無理もない
食事なんてしていたら、
大きな悲しみまで消化できる余裕はないから
体は必然的にそうなるはず・・・

それを心療内科や消化器科に行って
薬をもらっても
何の解決にもならない。

それでも彼女は
「元気になるように。食べなくちゃ」
「無理して食べなくても良いんだ」といっても
昔の人だからわからない・・・。
昔の人というくくりはいけないか・・・
私の身近な大切な人ほど、
こういうことを受け入れてくれない
私は知っていて、
こういう考え方があるとか
こういうお医者さんがいるとか言っても
そんなもの信じないとか
そんな余裕がないとか
真実を知るのが怖いとか
直面しなくて良いように、言い訳が返ってくる

食べたくないときは食べなくて良いし
悲しいときは悲しくてよいし
熱が出るのも意味があるし
それぞれ必要だから起こっている

癌も最初の5mmになるのに9年かかるらしい

まず健康診断で見つかることもなくPETだってその確立は低い

それを発見されてからもっとこうすればよかったと
自分を責めている母をみて、
寿命は決まっているのだから・・・としか声がかけられない

先日インドのナチュロパティーに行った友人が
体もデトックスするけど、感情もすごくデトックスしたと言っていて
来年3月くらいにまた10日間断食する素晴らしい施設があるので
ツアーが組まれる予定で
私もぜひ行きたいと思っているが、
その友人の両親が癌だというので3週間行ったら
日本ではもう手が付けられないといわれていたのに
消えてしまったらしい
しかし、帰国後、また同じような生活、同じような考え方なら
またその同じ病気が発生する確率は高い

私たちがなぜその病になったのか
それに気がついて、習慣を変えない限り・・・


今日息子が熱を出したのも
先週実は小学前検診があり、
彼なりに「ちゃんとしなくちゃ」と肩に力が入っているからだという。
ちょうどインド占星術で彼が調子が悪くなる日が正確にわかるのだが
その日にせきが出始めて昨夜熱が出て、体中が痛いといって
昨夜も何度も起きては泣き、悪夢にうなされていた。

神ノ木クリニックの先生には
「この子は他動性LDなのではないか?と保育園の先生にも言われていて
専門家の先生に診てもらったほうがといわれたのですが」と相談すると
「その専門家というのが・・・なんですよ」ということで
「彼の成長にとって、必要だから起こっていることで
 お母さんが気にしだしたから今日来ることになったのでしょう」と。

すべては私の内面が起こしている現象
病名を聞くと、わかりやすい。
それならこうすればよいとか、一つの処方箋を聞いて、
それで安心しようとしてしまう。
彼の成長の段階で、今はまだ決めつけられないことが起こっているだけかもしれないし
本来は、ただ意味のあることだ、必要なことなのだと見守ることが大事なのに
あせっていたのかもしれない

これはこれで病気というくくりではなく
遺伝とかそういうものでもなく
個性なのだ、
何か私にとっての学びなのだと素直に思えるようになった。

「岐阜に帰るかもしれないので、先生のようなホメオパシーの医者を中部地方でごぞんじないでしょうか?」と聞くと
「彼の体のことは、彼が一番のドクターです」とのこと。

本当に神の木クリニックに行くと
また原点に戻ることが出来る。
ついつい身内のこととなると過剰な心配になるものだ。

人のことばかり心配せずに、
自分の内的な心の整理が出来れば
心配の種すら発生しないのだ。

それを心配の種の芽が出れば、
それを切るという繰り返しの作業に
人ははまってしまう。

ついついそういう潜在意識は多忙を作り出し
さらに自分を見つめることをさせなくさせてしまう。

あの占い師、あの霊媒師と他力本願的に解決しようと
自分の与えられている考えることでの成長を投げ出し
お金や時間と引き換えに、簡単に答えを知ろうとする



テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

自己啓発セミナーなんて無駄

セミナーが巷にはあふれている。
これはどう?あればどう?と聞かれるし
周りも結構行く人が多い

知ることは楽しい。
新たなことを知ることは快楽で、やみつきになる。

でも、実際できるようになった人を知らない。

手の届くところで学び始めることは
知りたくもないと何もしようとしない人よりは良いかもしれない

でも、今現実に自分の起きている悩みや
問題を解決しようとしても、
実際にそれを克服する努力を
怠らせようとしてきた
トラウマや、想念や、信念や価値観に
気がつかずして、
新しいものは入ってこない。

定着しないというか、確立しない。

新しい家具を買っても
前の家具が置いてあってスペースがなければ
入らないように。

でも、前のを出そうとするとめんどくさい。

今までこれで生きてこれたのだものと
肯定させ、内観して、それに気がつくのは
無駄なことだと思わせる。

そういう風にしないと
生きて来れなかったので
それらが守ってきてくれていたのだけど、
何に傷ついたり、
何を我慢してきたのか
これらを、内観して
見ようとしないままで
自分が変わることは難しい。

でも、ただ内観するだけで人は成長するだろうか?

どうやって内観するのか?
瞑想したり、座禅を組んだりしても
そのやり方を勉強しないと、知識がないと、
時間の無駄である

人は自分のことをやりたくないから
人のことばかり心配する。

自己啓発セミナーに行って
3年後に自分はどうなっていたいとか
夢を描いて、現実逃避しようとしている

何年前からセミナーに通い続け
変わりたいのに変わっていかないとがっかりし続けているだろう?

変わっていかないのではない
変えようとしていないのだ



テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

ご案内
最新記事
↓こちらもひと押しお願いします
お薦めの本
過去の記事
無料メールセミナーはこちら
メルマガ購読・解除
 
プロフィール

心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)

Author:心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)
マインドズーム代表
村山幸徳先生の
「正位気学会」
認定スーパーバイザー
TOEファシリテーター
(認知心理学、行動心理学)
九星気学、姓名鑑定、易、
家相、顔相、などを学ぶと
運勢がよく分かり、
心が前向きになり
問題や悩みが
ご自身で解決できるように
なります。
宇宙のリズムを知り、
潜在的な能力をあげ、
吉を取り入れると
幸福な毎日を送れるように
未来はガラっと変わります。
コンサルタント、鑑定士
カウンセラーや
運勢学の講師になれるよう、
初心者から鑑定者レベルまで
様々な講座をskypeで
開催しております。
音声をダウンロードするだけで
自宅でトップクラスの
生きる知恵が学べます
CDでの通信講座もございます。
通勤や家事の間にも
気軽に学べます
岐阜在住
二児の母

お薦め書籍
カテゴリ
RSSリンクの表示