天とはどういうものか?

天というものがどういうものなのか?

気学では霊というものを嫌います。

元気 生きている人の気です

根気

やる気

気がつくものはすべて生きている人の持つもの。

死んだ人の霊があるとか霊に対しては
神道と日本の今の葬式仏教が作ったもの。
(昔の古神道とは違います)
だから仏法的にも釈尊もそういう考えを嫌いますし
気学でも易でも共通して東洋思想にはありません。

なので、
霊が取り付いて
その人を苦しめようという働きが
天の意思にあるかといったら
無いようです。

だから易でも凶がありません。

だから誰かが自殺したマンションだからとか
気にすることもありません。
墓の近くは良くないというのも家相にはありません。

では、
この人を幸せにしようという意思はあるのか?

もちろんそれもありません。

天の場合、愛とかそういうべたべたしたものは
ないようで、
ただ一つの生命として宇宙が成り立つなかで
秩序があり、それぞれが
自分に良いもの、より夢を実現し
幸せになっていく方法を選択することで
意味が発生していくと考えて良いようです。

九星の
方向の違う舟が
ある秩序の基に
行きかっているようなもの。

1白の吉方をとるということは
そこへ連れて行ってくれる乗り物
例えて言えば舟に乗るというようなこと。

1白の向かう方角への舟に乗ったら
1白の気に乗っていることになり
八白の舟は
それまた、1白と違った方へ向かうわけで
私たちは
乗っても良いし
乗らなくても良いという選択も出来るし
どの舟に乗るかという選択も自由というわけです。

人間、迷いが生じます。
迷いは選択することで解決します。
迷い、惑い方にはもちろん
個人差があります。
それを毎回やって
失敗しても気づかなければ
学ばないので
その人の選択が変われば
結果が変わります。
その選択のために
いつも乗っている舟ではなく
別の舟に乗る。
そういう意味で
易や九星は役に立ちます。

人は悩みます。
悩みは選択することができません。

子供が登校拒否であるとか
親が痴呆症になってしまったとか・・・。

そういう時に吉方が効きます。

登校拒否には2の方角
悩みの解決には3の方角といったように
それぞれ方位へ吉方をとりに行くことで
事態が変わっていきます。

もちろん本人がやらないと
代わりは出来ません。
お金も手間もかかりますが
それが宗教的な苦行に匹敵するくらい
精神的な成長を与えてくれるから
なのかもしれません。


それぞれの生まれによって
年と月があるので
その人の星というものが81通りあります。

今の現状を見ると、
その人の傾向性というものがわかります。

例えばのどとか、呼吸器、肝臓、喘息の問題を抱えている人は
3碧のことができていなかったり
何かしら問題を抱えているからというシグナルです。
3ぺきと読みますが
長男としての働きをしていないとか。

消化器系が弱いとしたら
4緑のことが原因。
長女に問題があるのではないか?というように。

うちの父のように八白の象意の病は
リウマチや腰痛やリンパなどに関わるもの
腰痛が出るということは
親子ちゃんと話をする時期だということか
もしくは、
怒りも原因。
特に一白の息子をかなりいじめていたので
病気になって息子にやっと家業を譲る気になったのでしょう。

ここに来て
なぜその方位をその時期にとれたのか?

親子の問題をクリアしたからだと思えます。

今の気がそれでわかることになるので
単にだったら引っ越せば問題解決というよりも
さらに掘り下げて言えば
なぜ、悪い方角に引っ越そうとしているか?
なぜ、体のそこがわるいのか?
なぜ仕事がうまくいかないのか?
などで、原因を知らせてくれているということになるからです。

この原因が解決できたら
もうその現象は消えるはずです。


もちろん、内容は形で変わるので
形が変わったら内容も変わるわけで
名前などもそれがあるから変える事で
かなり人生は変わります。

私の父のように八白の吉方へ返ってくるのを
自分で選んだということは、
八だけではなく四緑も同時にとれるから
この体は自分が生きていくための
必要なもの
8は停めるという象意だし
4は筋肉なので
筋肉腫という50万人に一人の難病で
治療法もなく
切除も放射線も効かないという人にとっては
今までの病もすべてとまってよくなることが予想されます。


問題を解決するのが早いか・・・
吉方をとってから気がついていくのか・・・

その「気」が足りなかったことは
とってみるとわかったりします。


例えば引っ越せないまでも
下座の修行をすると一白の吉方を取ったのと同じ効果です。

影で苦労すること、人の下で働くこと
自分ではないと出来ないような重要な仕事だけをするのではなく
誰でもできるようなことを快く引き受ける
呼ばれたら喜んで行く
一見、無駄なことに思えるような出来事こそ、学びは深いのですね。

だから人生で今とても苦しい中にいる人は
吉方をとっているのと同じことで
きっと見えてくるものが違ってくるはずです。

そういう苦労があると人をやる気にさせることが出来ます。
人をやる気にさせるということは
上から無理やりできるものではありません。

監督でもコーチでも教育者でも
親でも、経営者でも言える事は
自分がまずはそういう人間性を備える事。

相手が悪い
環境が悪い
そう思いたい世の中ですが
すべて自分です。
鏡の法則です。
単に映し出されているにすぎない。
では、それをわからせてくれた
相手が素晴らしいのか・・・
感謝してそれで終わり?ではなく、

実は、

その投影されている自分も
その相手にとっては必要なもの
足りない自分
どうしようもない情けない自分
それですらも
意味がある存在だということも
同時にいえるのです。

この宇宙のすべての象意が9つに分かれているので
おこっている事象から原因も見ることができれば
解決のための何が足りないのかも見る事ができます。

だから気学は天体学なのですね。

占いではなくまさに、生き方です。

私もなかなか学びたくても
教室などが無くて探しました。

興味がある人がいたら
気学や易などお教えします。

自分で見れるようになっていくと
自分で問題も解決する力がつき
生き方が変わっていきます。

お気軽にメッセージ下さい。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

音まで変える

名前は音まで変えたほうが
人生が早く変わります。
音を変えないでほしいというリクエストがあるので
そのままにする場合がありますが
人生の転換が早いのは音も変えることですね。
字ももちろん変えて。

字音
字形
字義
これを変えることが大事です。
これを読み下しといいます。
30%は影響します。

画数を変えるよりも
この3つが重要です。

字画が良いとか悪いとかいう流派は
素人だと思ってください。
(そうやって見分けると良いです)
五行と陰陽と天地の関係を見れる人が
もう今、3%くらいしかいません。
しかしこれが20%づつ影響します。

ですから画数は10%
しかも総画は晩年の運勢を現すので
今はそれほど影響がない人が多いですし
たった10%なので
あまり当たってもいません。


姓名は姓名

その人の持つ
生命の輝きと影の部分を見れるのです。

影とはその人の持つ「壁」のことですね。

いわゆる姓名鑑定とは
名前を見ているというよりも
その人の生命を見ている気がします。

その生命の危ういところを見て
どういう風に変えると良いかと考えて
命の補正下着を作っているような作業ですね。

ですから
使わないと、身につけないと変わっていきません。
なかなか普段使いにくいですが
使うチャンスを増やすことですね。

友人全部に名前を変えましたと手紙を書いて
社会に知らせること
ぜひ、自分で書いたり
壁に貼るだけではなく
みんな知らせてください。


例えば
五行では
広 ひろと呼ばれていても
ひの音の水ではありません。
こうのカ行の音読みの木になります。

漢字は英語と違って
5000年の歴史があり
字そのものに意味があるので
字を変えたら気が変るのです。

広が裕になるだけでぐっと違います。
名前を変える意味がそこにあります。

体が本当に具合が悪くなってからとか
離婚してからとか
ギリギリで
名前を変えたいという依頼ばかりなので
もう少し前に・・・と思いますが
これがまた最高のタイミングなのだと思います。

手遅れはありませんし
そうやって何かが起こらないと気がつかないし
変えようとまで思わない。
それも宇宙の愛情のような気がします。

ひらがなの名前はカタカナで画数を見ます
濁点は2画
数字は和数字に直します
五は5画ではなく4画というように。

男の子で「み」のつく名前も良くありません。
詐欺師が使うのが多いのですが
一美とか克己とか・・・。

男女の判断がつきにくいというのは
善悪の判断、何を急ぐか何が重要かなど
判断力が欠けます。

長男なのにコウジのようにジという音が入るとか
次男なのに一を使うとかも
物事を進める手順を間違えて混乱してしまったり
目上の人に対してもためぐちを聞いて
人間関係の摩擦を起こしたりしてしまいます。
人生と家庭に問題が多いですね。

例えば、鈴木イチローのように次男なのにイチローなので
名前をカタカナに変えたら、
2軍に2年もいたのに今や大リーガーですね。

そうすることで長男の色が消えていますが
日本に帰国しても実家には戻りませんね。
お兄さんやお父さんに会わないのも
なにがあるのでしょうね・・・。

ひらがなの名前で「ん」がついたり
濁点があるのも苦労します。

んは五行がありません。
終わりを意味しているので晩年孤独になりますね。

名前の中に同じ音があるのも
同じ字があるのも大凶です。

「かなざわゆか」
のように
かの音が重なったり・・・
なかなかこれも盲点です
同じ部首が2回あるのもそうです。

同じ苦労、間違いの繰り返しで
同じ悩みの連続です。
音をぜひ変えたいですね。


テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

姓名鑑定を学びませんか?

街角の鑑定士の9割が画数だけしか
見れなくなっている現実。
ほとんどちゃんと勉強したことの無いインチキで
統O教会などの宗教がらみの詐欺も多く
何千万円も騙されている人がいるといいます。

赤ちゃんのための名前の付け方の本も
間違いだらけです。

そんなことは全然知らない私は
わが子にもひどい名前を付けてしまい
10歳までにレイプされて
一生傷を背負うことになる
地数の11画の名前を付けてしまいました。
しかも、苗字の頭と同じ画数の
天地同数。
どこへいってもまわりをひっちゃかめっちゃかに壊す人
となっております。

会社にこういう人は採用してはいけない
こういう人と結婚はいけない!
そういうことも
実は名前で見ることができます。

こんなことは許せない!と
自ら学び、改名し
その知識を皆にシェアしたいと思います。
そして学びたい人には安く機会を提供し
又それを多くの人のために
役立てていってもらえたらと思います。

まずは名前の基本のレッスンから始めましょう。


五大真理 

読み下し

名前を付けるのに一番大事なのが読みくだし

これが30%を占めます。

字の意味、字義、字音、字形がまずは整っていないと駄目です。

意味が悪い名前とは

幸福すぎたり
尊貴すぎたり
品格を失うものだったり
動物、植物、鉱物だったり
気象、気候
十二支
十二干は使えません。

晴子とか
小百合とか
柚子とか
椿とか
移り変わりがあり
寿命が短いものは駄目ですね。

また男女の区別がつかない
一美とか・・・
何が良くて、何が悪いのかの判断がつかない
何を急いで
何が重要なのかの区別がつかない
薫とか操とか駄目です。

生命に同一文字や音があるのも駄目です。
同じ悩みの連続です。

あとひらがなの名前で
濁音があったり
「ん」がつくのもダメデス。

兄と弟が逆になるのも駄目です。
だから
けんじとかこうじとか「ジ」がつくのは
次男しか使えないということです。

一番最悪なのが
一文字の名前。

桜、誠、実 南 歩 などなど・・・。

人生不安定で短命です。倒れやすいです。
仕事も長く続きません。

あと縦がきっぱり分かれてしまう
縦分離名も命が危ないです。

名前の苗字を天格

下の名前を地格

名字の下と名前の頭を人格

といいます。

その人格と地格の上の文字の画数が
9,19画になるものは
最悪です。

しかしながら
これが結構あります。

一文字で9画の人
結構ショックですよね。

姫、妃 紅 虹 香 南 貞 亮 玲 

勇 洋 要 秋 俊 咲 昭 信 政 星

泉 飛 美 苗 風 保 昴 芙 茂 

などなどたくさんあります。

鑑定講義をご希望の方は
お問い合わせください。

店の名前を考えたい、
自分や家族の名前を変えたいなど
オーダーメイドの講座を
スカイプや、電話など、
通信講座で空いた時間に学べます。

atma358@gmail.com

テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体

ご案内
最新記事
↓こちらもひと押しお願いします
お薦めの本
過去の記事
無料メールセミナーはこちら
メルマガ購読・解除
 
プロフィール

心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)

Author:心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)
マインドズーム代表
村山幸徳先生の
「正位気学会」
認定スーパーバイザー
TOEファシリテーター
(認知心理学、行動心理学)
九星気学、姓名鑑定、易、
家相、顔相、などを学ぶと
運勢がよく分かり、
心が前向きになり
問題や悩みが
ご自身で解決できるように
なります。
宇宙のリズムを知り、
潜在的な能力をあげ、
吉を取り入れると
幸福な毎日を送れるように
未来はガラっと変わります。
コンサルタント、鑑定士
カウンセラーや
運勢学の講師になれるよう、
初心者から鑑定者レベルまで
様々な講座をskypeで
開催しております。
音声をダウンロードするだけで
自宅でトップクラスの
生きる知恵が学べます
CDでの通信講座もございます。
通勤や家事の間にも
気軽に学べます
岐阜在住
二児の母

お薦め書籍
カテゴリ
RSSリンクの表示