人生を心から楽しむ いよいよ最終講座です

明日は「人生を心から楽しむ」の講座の最終回

願望を実現するために

今までたくさんのことをお伝えしてきました

でも良い結果をイメージしてもうまくいかない

という声を聞きます。

じつは何もイメージしないよりは良いのですが

それだけではダメなのです。

それに加えて

○○をイメージすることもとても大事だからです。

また、□□を直視することで行動が伴い

達成に向かいます。

具体的な行動レベルでどうしたら良いのか?

ということもお伝えしますが

初回で投げかけた

「本当の自分は何なのか?」という問いに答えつつ

あるがままに素直に生きるということを

じっくり紐解いていきたいと思います。


愛と愛情の違いとか

損得と尊徳についてとか

宇宙との調和

自分の波動を上げる条件
(引き寄せの法則)

など心理学なの?スピリチュアルなの?

というようなところも出てきます。

せっかく新しい人生を歩みたいと思いながら

変化を受け入れるのが苦手な私たち

病気になったり

子どもが非行に走ったり

旦那がリストラにあったり

なんで?というようなことが

人生では多々起こります。

そのたびに、学びを中断し

気づくことを恐れ、

傷つくことを恐れ

本当の自分を生きることから

遠ざかったきたことでしょう。

あなたにあなたらしく生きてほしい

そのためにすべてのことが起こっているのだと

受け入れることができたらどれだけ楽か・・・

そうです。

人生に罪悪感は要りません。

自分の人生を誰も邪魔してはいません。

私の大好きな作家の言葉です

「子供は常に、

 三つのことを大人に教えることができます。
 
 理由なしに幸せでいること。

 何かでいつも忙しいこと。

 自分の望むことを、
 全力で要求する方法を知っていること

 の三つです。」

私たちの人生

いつから

幸せになるのに言い訳ばかりするようになったのでしょう?

良い人で見られたい

役に立っていないといけない

自分の思考の中だけの自分だけのルール

見えないルールに気づくために

ぜひこの時間をご活用ください。

短い時間ではありますが

語り合いたいと思います。

9月9日 朝9時半から

120分

録音受講、単発受講可能です。

@3000円。


CDでの郵送は500円プラスです。

國友秀夏

テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体

感情を無視しては人はやる気にならない

子供はテストがあるから勉強すると思いますか?

しないと思いますか?

日本ではYES

でもフィンランドではNO

だからフィンランドでは15歳までテストがありませんよね。


答えがあることを要領よく解くための勉強が

ずっとなされてきたけど

そういう教育って役に立ったのかな?と

ふと考えます。

プロデューサーやマネージャーをしていた頃も

独創性や、オリジナリティーなどを求められるから

発想であるとか、答えのないものを思考することを

常に求められていた記憶があります。


会社で企画書を書くにも

主婦として料理をするにも

インド哲学を学びながら

現象の意味を考えるにしても

常に私たちは 思考を使っています。

でもこの思考をどうやってするのか

学校では教えてくれません。



頭の良い子供たちは

難問に出会うと喜ぶそうです。


人生でも経済苦、病気、登校拒否

いろいろな出来事が起こります。

厳しい星の下に生れていることが

物質社会では不幸に見えても

一番悟りに近づける人生だな~と思えるようになって

そういう子供の気持ちがわかるようになりました。




簡単な問題を解くよりも

難しい問題を時間をかけて、

もしも答えが出なかったとしても

取り組むということのプロセスのほうが

とっても大事なように思います。


だから、何問も同じような問題が出るドリルは

やりたくないんでしょうね。


パズルのように答えがなかなか出ない

じっくり思考するものや(私なんかはめんどくさ~と思うような)

隠されている答えを探し出す本なんかがあると

夢中になって読んでいます


自分で発見したいんでしょうね。

発見すると感動がある

感動という情が動くからやる気になるのですよね。


脳の仕組みから言うと

感情を無視してはやる気にはならないのです


ジャパネットタカダも、ディズニーランドも

ついつい欲してしまうのは

感情が動くから


子供をやる気に育てる秘訣というものを

HEGLでいつも学ばせてもらっているので

こういうこともニーズがあれば

講座にしていきたいと思っています。


気学のような古い智恵だけではなく

最新の心理学とか脳に関する仕組みを知ることも

現世を生きて行くには大切ですからね。


4月くらいからシリーズで

子供の潜在意識を引き出したり

本物の思考力を育てる方法

よいコミュニケーションを図る方法など

こういうことを知りたいというようなことも

聞かせていただけると内容を組み立てやすいです。

また興味がある方がいらしたら

お問い合わせください。

日程もそろそろニーズに合わせて

組んでいこうと思います。

成長の敵は潜在意識である

最近は便利なもので

youtubeで

原作の「アウト・オン・ア・リム」の映像が見られます。


この映像の中でも真実を目の前にして

目をそむけようとしたり

価値観も変わり、

新しい一歩を踏み出すことに

抵抗してもがくシャーリーの姿が見られます。


「変わりたくない・・・・」

これが私たちの正直な潜在意識の声で

精神世界の探求を始めるとき ですらも

誰しもが少なかれ経験するものなのですが

だからこそ、

愛する私たちの周囲の環境である身内は

憎まれ役を演じてくれて

今の私のままで良いのだと

変わらなくて済むように

葛藤や、問題をひき起こしてくれるのでしょう。


私たちの怒りというのは

成長したいのに成長できない時

つまり、

自分のエゴが巻き起こしている現象に

耐えられない時に、起こるのでしょう。


この違和感をサインだと思って

自分に目を向けられるように

寛容を学んでいきたいと思います。


だから苦労が多い人ほど、

心が広くなっていくのですね。



自分の快適ゾーンを出ないと

本来の自分には出会えないのです。


そのゾーンを出るには

今までの価値観や信念のままでは

難しいので、

書き変えなくてはいけません。


そのために、スピリチュアルなグル(師匠)が必要です。



「怒らないようになりたい」

かつて 私は、そう思いました。


しかしマイナスはやめて

プラス思考にしよう!というのも

良くありません。


マイナスを止めようも

プラスをしようも、

どちらもマイナスは良くないと

マイナスを意識してしまうのでは

マイナスな現象を生み出すので

効果は同じなのです。



普段は良いのですが、

疲れたり、余裕が無い時は

マイナスの習慣の方が勝ってしまいます。


怒りは決して悪いだけではありません。

聖者も怒りを持ちます。


恐怖も使い方によっては

前進のエネルギーとなります。


感情にコントロールされてしまってはいけませんが

こちらがコントロールの手綱を握ればよいのです。


私たちの行動によって引き起こされる結果は

実はこの

潜在意識の力が大きいものです。


また多大に感情にも左右されます。


今の自分を変えて、

望んでいる理想の姿に

どうやったらなれるのか?


これからは最新の大脳生理学に基づいた

認知心理学と行動心理学を融合させた

TOE(目標達成への行動理論)を用いての

セッションや、講義も

行っていこうと思います。


お知りになりたい方

詳しくはお問い合わせください。

atma358@gmail.com






テーマ : セラピー&ヒーリング
ジャンル : 心と身体

ご案内
最新記事
↓こちらもひと押しお願いします
お薦めの本
過去の記事
無料メールセミナーはこちら
メルマガ購読・解除
 
プロフィール

心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)

Author:心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)
マインドズーム代表
村山幸徳先生の
「正位気学会」
認定スーパーバイザー
TOEファシリテーター
(認知心理学、行動心理学)
九星気学、姓名鑑定、易、
家相、顔相、などを学ぶと
運勢がよく分かり、
心が前向きになり
問題や悩みが
ご自身で解決できるように
なります。
宇宙のリズムを知り、
潜在的な能力をあげ、
吉を取り入れると
幸福な毎日を送れるように
未来はガラっと変わります。
コンサルタント、鑑定士
カウンセラーや
運勢学の講師になれるよう、
初心者から鑑定者レベルまで
様々な講座をskypeで
開催しております。
音声をダウンロードするだけで
自宅でトップクラスの
生きる知恵が学べます
CDでの通信講座もございます。
通勤や家事の間にも
気軽に学べます
岐阜在住
二児の母

お薦め書籍
カテゴリ
RSSリンクの表示