映画 インターステラーを実際に体験

大阪からの帰りは高速バスで
「インターステラー」を鑑賞していました。

実は前回バスの中でこの映画の結末を見れずに
到着してしまい、ずっと2か月以上気になっていました

今回見損なった結末から最後まで鑑賞し
その後初めから見直すと
なんとも深い

これは二度見ないといけなかったんだと思っていると
バスが故障して動かなくなってしまいました

その日の昼ごろ、大阪でホテルをチェックアウトした時に
雨が降り出し、
バスの降車後、スーツケースもって名古屋駅まで10分以上
歩くのは無理だろうから
郵便局から宅急便で送ろうかと思って向かっていたところ
いったん雨が急にやみ、空が晴れだし
「ま~雨が降ったら降ったら降ったで何とかなるか・」
と送るのをやめて引き返したのでした

「タクシーを呼んでいるので少々お待ちください」
とバスの運転手

どしゃぶりの雨の中
その日は結局名古屋駅の入り口までタクシーで
送ってもらいました

この映画を見たことがある人なら
その意味がわかってもらえることでしょう・・・

散々待たされタクシーが来たときは
ちょうどその日見始めたシーンが始まるところでした。

『私にこれを見せるためにここまで配慮してくれた』

そう思えてなりませんでした

村山先生の講座の中でも常に

『誰かに護られている』という意識を持つこと

これが幸せになる条件だと言われます

ブリスベンでも飛行機が欠航し同じ体験をし

今回もバスは1000円なのに、タクシー代のほうが高いくらいの配慮で

この映画を二度も鑑賞し


日々起きている不思議な現象はゴーストの仕業ではなく

実は

時間も空間もない五次元からの働きであり

つまり未来の自分なのかもしれない・・

と、その存在がとても身近に感じられました。

インターステラーの映画はマトリックスと同じほどの衝撃でした

宇宙の真理というか・・「全ては愛なんだ」という法則

言葉で書くととっても陳腐になってしまうんですが

でも・・・遠距離恋愛をしていて

娘とも遠く離れていて感じていることが

そこに描かれているんですよね・・・

言葉や行動よりも感じていることのほうが伝わる

感じる 

この直観を大事に日々送りたいと思います

村山先生もこの映画は見たいとおっしゃっていたので・・・

ご覧になられたのかな?この夏お休みされて

元気に9月から講座も再開されています

私もそろそろ、講座を再開しないとですね・・

秋にご要望も多い、延期している顔相をやろうかなと思います

思っていることは顔に書いてある・・というように

顔には正直に出ますからね・・

言葉や行動の裏にある微妙な顔の表情を読み取る 感じ取る・・

そんな講座にしたいなとおもっております

お問い合わせお申し込みはこちら

ぽちとひと押しお願いします











癌は怖くない~私の健康法~

最近検査でひっかかって乳がんかもしれない
子宮頸がんになるかもしれない
大腸がんかも知れない・・
という問い合わせが相次いでいます。

病院を選ぶ日時や方位を聞かれるというよりも
このままそのレールに乗ったほうが良いのか?
という根本的な迷いが感じられるので
私自身の見解を今日は述べたいと思います。

まず第一に自分が患者という意識でいては治りません。

心に串がささっている者と書きますね。

誰が治すんでしょうか?

医者ですか?薬ですか?

自分です。自分の免疫が治すわけです。

医者も薬もそれを手伝う従属するものなので
主導権はあくまでも自分です。
沢山情報を収集して自分が賢くなっていかないといけません。

医者は病気のことはわかっていても、
健康になるエキスパートではありません。

専門以外のことも知らないし
連携が取れていないので
体をホリスティックな考え方ではなく
パーツとしてしかみていません。

製薬会社の勧めるままに薬を出したり
対処療法的に
その可能性があるものは切れば安心だから
早く処置したほうが良いと脅してきます。

切ったほうが儲かるからというのがあるのでしょう。

自分の利益です。

癌産業がどれほど・・儲けているか。

海外でもう使われなくなった抗癌剤の良いお客さんなのです。

例えば、歯医者さんもそう。
虫歯菌は親から伝染るので、親の箸やスプーンで
口移しでこどもに食べさせないでねと言えば
歯医者さんは要りませんから
誰も事実を公表しません。

うちの子は歯磨きしませんけど
虫歯になりません。

歯磨きしないと虫歯になるなんて言うのは嘘です。

虫歯になる訳をここで言い出したら
キリがないので知りたい方は
個人的に良い歯医者を紹介しましょう

鑑定業界もそうですが
悩んだ人が居なくなっては自分が食べられなくなるので
自分で解決できるような方法を人に教えるなんてことはせず
悩みが生じるたびに何回も何回も通ってくるような仕組みですね

鑑定業界も悩んだ人を食い物にしているアマチュアが多いのですけど
(ここがプロとアマの違い)
医者も同じようなものです。

その中で私が共感するのは千島明さん
http://www.chishima.ac/i/dai8.html

彼は20年前肺がんステージ3と診断されたのですが
彼がしたことは
酒と煙草を辞めて、食の量を減らしただけです。
当然今でも元気です。

癌は細胞分裂ではなく、赤血球からの分化で炎症であると言われます

炎症を止めるなら断食が一番の特効薬

3度の食事の量を3割減らし成人の場合は菜食に。
胃腸の弱い人は生野菜がダメなら
無水で20~30秒加熱し、
これを半年から1年がんばると
1ヶ月断食したのと同じような効果があると言われています

癌になったり
癌かもしれない・・なら
徹底した食べ物を見直すことで体の環境は整います

動物性は取らない方が良いです。

特に乳製品好きな人は乳がんになりやすいので注意です。

私は大豆タンパクはとりますが、肉も魚も出来る限り食べません

乳製品も玉子も出来る限りとりません。

もちろん・・白いもの、白砂糖、白い小麦粉ではなく
てんさい糖、地粉など色がついたもの
玄米を5分づきにして、白米もとらないように気をつけています。

甘い物は控えます。糖分を取ると、体内の酸素を減らし血液を酸性にし
がん細胞が生じやすい環境になります

味噌汁は毎日とって下さい
腸の繊毛を再生します。自然醸造の味噌に限ります
(今年は初の味噌作り。来週出来上がります!)

癌はX線、超音波、CTなどの映像で発見するのは難しいそうです
炎症ですから映像には出にくいのです

私が信頼している波動セラピーはロシアが開発した
波動の機械で、癌になる何年も前からその波動をキャッチします。

胃でも脳でも口の中の炎症でもどの波動もキャッチして治してくれます

無痛で、ただヘッドホンを耳にいているだけです。

そこへ行くと、食べ物の何が自分の体にあっていて、何を取り過ぎてるから控えたら良いかなど
アドバイスが頂けます。ポリエステルがアレルギーのもととか
考え方の何に恐怖を持つとか精神的なことまですべてわかります。

彼女いわく、癌でもなんでも怖がることはない・・

今の習慣をこのままで行くと体がもたないから
これから気をつけるためのきっかけが病気だと言われます

水は良い水をたくさん取ること

そして、塩分も摂り過ぎること無いからとったほうが良いと言われます

生野菜も果物も他の消化を助けるので
食後ではなく、食前に食べること

特にスムージーがお薦めです。

午前中12時までは排泄の時間なので果物くらいしか食べないです。
(スムージなど)
甘いですけど、良い果糖なので、腹いっぱい食べて大丈夫です。

12時から20時までは食事を摂る時間

20時から4時は栄養を吸収して体の修復をする時間なので食事を取らず
内蔵を休める

そういうスタイルで食生活を送ると良いです。

また生野菜などは実は体を冷やすと言われていますが逆です
消化しやすく、冷え性を改善してくれます

肉や魚は消化に10~24時間もかかります
マラソンの42kmを走るくらいのエネルギーがかかります

だから食べたあとは眠くなりますね。

それだけ消化にエネルギーを取るものを
病気の時にとるものではありません。

動物は食べずに治しますよね。
それが自然の原理です。

うちの子供達も風邪をひいた時は食べません。
風邪引くと薬飲んで栄養取ってなんて逆効果です。

水分をとにかくとって寝ることです。

水素水が良いとかいろんな人がいますが
体に必要なのは酸素です。
湧き水などは「ソマチット」がたくさん含まれているのでお薦めです
ルルドの水がなぜ万病に効くのか・・
ソマチットをYOUTUBEなどで検索すると
たくさんの情報が出てくると思います。

あと自律神経が関係していますから
息を吐くなど副交感神経を活発にさせて
リラックスしてストレスを軽減させるのも大事です。
浅い呼吸は血流を悪くします


癌には免疫療法はあまり効きません・・(お金の無駄です)

温泉や岩盤浴などで体を温めるのは良いと言われています

ただ体は外から温めるよりも寒いと感じることで
熱を生み出すので
マラリアやインフルエンザで光熱出す人は
ウイルスが死ぬので癌が治る人も多いです。

毎日30分でも歩くこと・・これは万病の薬です。

甘いモノを食べたり、沢山暴飲暴食する人は
ストレスから食べてしまうのであれば
そのストレスの原因になるものをまずは取り除くことでしょう

癌と宣告されたら3ヶ月は放っておいてセカンドオピニオンを
聞きに行きましょう
その時に注意して欲しいのは、
前の病院で癌と言われたなどと言わないこと・・。


それから・・
抗癌剤の恐ろしさを知っておきましょう。


体は栄養をとれば成人病、心臓病、脳梗塞など
現代病の原因になりますが
とらなくて病気になることはありません。

今からでも食生活を見直してみましょう

それでも痛みや、不安から
何か良いものはないかと探している人は

体の免疫細胞に直接命令する司令塔に働きかける
波動療法をご紹介します。

いつも思うのは・・

もっと悪くなったらお願いします

という人と

体のどこも悪くないのにすぐに試す人の違い・・

AWGもニュースキャンもやってよかったですよと言うと

東京でもすぐに探して行かれる人はとても健康です

私が浜松のAWGに一緒に通う主婦仲間も40代で
癌になるかもしれないと言われて行き始め
もうすっかりその気配はないのに続けています

どこの治療院の人も
「こんな悪くなる前にもう少し早く来てくれてたら・・」といわれます

抗癌剤や放射線をやらなきゃこんなにひどくならないのに・・と・・

1年に1回検査しているから大丈夫というのもダメです

体は3ヶ月周期で変わります。

常日頃から、体もケアし、体の声に耳を傾け

1度行ったから安心ではなく続けることも大事です。

自分が癌も創りだしたなら

自分の中に治す力があるのだということも忘れないでほしいと思います。

がん細胞は自分の分身

だからがん細胞を殺すことは自分を死に追いやるようなものです

先日木を切りました。でも幹から直接葉が生えてきました。

癌は切ったら暴れます。原因が無くなっていなかったらまた出来るだけです。

癌は体の中のすべての悪いものを全部そこに集めてくれているだけ

だから他の臓器は健康だったりします。

癌で亡くなるわけではないのです・・。

がん細胞があっても周囲の環境が改善されれば自然に元の赤血球に戻ると言われています。

患者よ、がんと闘うな』『がん放置療法のすすめ』
ミリオンセラー『医者に殺されない47の心得』……。
近藤誠先生HP


内海聡先生のクリニック



秀夏へのお問い合わせ、お申し込みはこちら

ぽちとひと押しお願いします










祈りの場を生活に持つこと

『私』という存在は死んだらどうなるのか、死ぬとき『私』は何を見るのだろうか――。

臨死体験について徹底的に取材し考察を深めてきたジャーナリスト/評論家立花隆

さんのNHKスペシャルを先日たまたま目にした

人間の恐れの一番が「死」の恐怖だから

死を目前としたときはもうその恐怖はいつくるの?と恐れることはなくなり

とても幸せで満たされる時を味わうらしい。

『私(自分)』という意識(魂)はどう生まれどう消えていくのか。

私たちが当たり前と思っている『私』という存在はいったい何なのか。

命や『私』の存在する意味を考えるなんて

そんな暇ない

老後考えようという時代が終わったんだなと感じた。


「自分について知りたい」

という問合せが若い方からも本当に多く

私も今月からコンサルを始めたのだが・・

人に聞くのも悪くはないと思う。

先日私も算命学で鑑定してもらって

この10年の子育ての疑問が一瞬で解決した。


自分ひとりで気づけるなら社会なんていらない

良い師に出会ったこと

良い仲間に出会ったこと

それは私の宝であり

過去の間違いや苦しみがなかったらそこからはい出そうとも思えなかったから

過去の自己破産も離婚も大嫌いな仕事をしていた時代も

すべて意味があったと感謝する日々であるが

今があるのもやはり人との出会いだったので

良い縁に出会うということが人生では一番大事なことだと思う。


自分が何をやりたい?とか自分は何?とかは

考えるものではなく、感じるものだ

エゴは人生が平凡に安全に行ってもらいたいから

そんなことに気づいてもらいたくないし

成長もしてもらいたくないと思っているから

邪魔してみせないし

親や先生からの刷り込みで

「私ってこういう人間」と思いっきり感違いもしていたりするので

今、迷いながら生きている人は

自分の命、つまり宿命、使命、などを

はっきりさせることも生きやすくなるひとつだと思う。


名前を変えたり

吉方を取ったりするのも大事だけど

祈ることもとても大事だと村山先生が

昨日易で説明してくださった

私も自分の部屋に祭壇があり

毎日マントラを唱えるんだけど

仏壇にお線香上げるとか

朝晩、神棚にお参りするとか

祈りの対象があるということがとても大事であると

孔子も述べている

それは

お坊さんに御経上げてもらうとかではなく

自分が参拝するとか御経上げるとか

お線香上げるとか

自分がするということ・・・。

そして毎日続けること・・。



自分探しの映画も本もセミナーもとても多いので

自分を感じてみる時間をゆっくりとることも必要で

元気で発展しているときには人はなかなか

そんな余裕もないから

うつ病とかになってストップ!と上から

スイッチを切られてしまうけど…

(そうしないと命が亡くなってしまうので・・)

常日頃からYOGAやったり瞑想したり

一生懸命掃除に打ち込んだり

なんでも良いから頭空っぽにして

考えることをやめて

ゆだねてしまう

そういう時間も持てるとさらに良いと思う。


それがなかなかできないと

強制終了させられるような

病気や不登校などの

出来事にも遭遇すると思う



伸びるためには一度屈伸してしゃがむことも必要だし

休むことも必要になってくるので

かっこよく休むのもいいんじゃないかな・・と

特に三碧、六白の人には教えてあげたい



早くたくさん進むことだけが良いと思いがちで

何もしないことは無駄だ・・・悪だ・・

と勘違いしているかもしれないけど

じゃーやってみて何が残っているか?

となったときに

満足感、達成感が無いのだとしたら

そのやり方は違うのだと思う

私なんかは・・

夏休みたっぷり2か月も海外に行って休んだから

さ~9月からがんばろう!というリズムになる

遊ぶ時は思いっきり遊ぶし

仕事するときは思いっきり仕事するし

ぼ~っとするときは何も考えない




回り道したり…

時期を待ったり・・

そういう選択肢も長い人生にはありだと思う・・



だって・・皆放っておいても死に向かっているのだから

死にそんなに急がなくても良いのにと思う



一番良いタイミングで

すべておとずれるものだから

今何もやりたくない

何をしたら良いかわからないなら

やりたいものが見つかるときが必ず来るから

それまで焦る必要もなく待っていたら良いと思う・・・


行きたいのに行けない

なら

行かなければ良い

そこを行こうとするから

問題が生じて

悩みが生じる



死後の世界のこととか

霊とか神とか仏とか

孔子が述べることはほとんどないし

お釈迦さまも生まれ変わるとか述べてないのは

仕事の世界があるとかないとかということではなく

今が大事

ということなのだろうと思う・・


死を意識するからこそ

今の生というものを大事にできる

生の延長上にあり誰しもが避けられないものではあるが

だからと言って見ないとか気にしないとか信じないということではなく

恐れる必要のないことをわざわざ恐れることもない・

ということ


私たちの悩みは・・・ほとんどすべて自分が作り出していると言っても

過言ではない・・

出来事によってではなく

受け取り方によって

同じ出来事でも悩む人悩まない人がいるのだから


身を縮めないと伸びないように

次の発展のためのじ~っとする時期

ここを無理しないでどう生きるのか…


本当に易の世界は深い…

村山先生の名古屋の易のクラスに出れることは

本当に何にも代えがたい

有難いことであり…

これを伝えずにもいられない・・・


お問い合わせお申し込みはこちら

ぽちとひと押しお願いします





気の正体とは?

来年4月から高血圧の基準値が130以上から
140に変わるらしいが・・
170までOKだと言う人もいるし
だいたい高血圧なんて病気ではないと聞く

血管のところどころにつまりがあるから
それを流すために圧をかけ血液が早く流れるので
もしも薬で下げるとそのつまっているところが流れずに
いつかはそこが破れることになるので
体が意味があってやっていることなのに・・

なぜ薬を使って人は余計悪くしようとするのだろう?

薬でさげるよりは下がるように生活すれば改善される

例えば
水を飲めば下がるのだから、一日2Lは最低でも飲みたい
(お茶やコーヒーじゃなくて)

コレステロールも同じで・・
200くらいあっても心配はないときく

近年、バランス良い食事をしようといって
食べすぎで病気にはなっても
食べないことで病気になるなんてことは
今の時代そうそうない(昔はかっけとかあったけどね)

シベリアに送られた人は肉も魚も食べずに強制労働して生きて帰ってきている

きんさん、ぎんさんのお子様たちも野菜は嫌いだと言う・・

何を食べるかよりも
どのように食べるかが大事なのである


粗食でも良いので
楽しい環境で食べること

ニコニコして食べたら何を食べても薬になる

と声を大にして…言いたい・・。

しじみ300個分ですとか
ゴマから抽出したOOとかバケツ一杯のゴマなんて必要だろうか?

脳は健康に良いと思っているだろうが
大間違いだ

に良いだけ!!!

相撲取りは長生きするのか?

体格は良いだろうけど
ジャイアント馬場も大鵬もなぜ長生きしなかったのか?

癌も心筋梗塞も断食道場に行くと改善することも多い

つまり・・栄養の取り過ぎなのである

何万年と空腹の歴史だった

どこにでも24時間食べ物が手に入るコンビニやうどんやがあるのは
戦後の50年だけ。

私たちのDNAは食べ物を2-3カ月取らなくても死なないようにできてるそうだ

具合が悪くなると食欲がなくなるのは普通で

そこで初めて自己治癒力が出てくる
(空腹が免疫力をあげると唱えるお医者さんも最近多いよね)

具合が悪かったら水だけ与えておけば大丈夫なのに
やれサプリだ青汁だとTVや新聞の影響で
過剰摂取になっていないだろうか?

だいたいが・・・糖分を取る民族は癌になるらしい

イヌイットは癌にならないだそうだ

糖分は体を冷やし 体温が低くなるから

癌になりにくい体にするには

代謝をあげ糖分を燃やすと良い


こういうすべての病気の原因は自律神経の乱れからくる

自律神経失調症

つまり調べと失うのだ・・

調べとは・・・音のこと・・・音波、波動 振動を失うと書く…

体調をくずす・・・体調を整える・・・とよくいう・・・

つまり調べ

気とは振動のことなのだ・・・

周波数・・・波動・・・波長・・・

人間の波長があわないのよね・・・ともいう・・

日常使っている言葉の中にヒントはたくさんある

人間の液体の量と質を調整しているのが自律神経で

すべての生命活動に必要な体温の調整、鼓動などは無意識で勝手に体がやってくれている

そこにストレスや挫折、失望、恐怖が加わると、液体の量も質も乱れるらしい

唾液の質と量が変わるだけで口の中にはには悪玉菌しか住めなくなり

日常ストレスが多い人ほど虫歯や歯周病になると言われている

唾液がそうなら腸も同じで腸内分泌液も善玉菌をいくらヨーグルトなどで送っても

住めない環境なので即効死んでしまうので食べても無駄なのだ・・。

ではどうすればよいのか?

「脳を喜ばすこと」

つまり笑うだけで(おかしくなくても)

笑顔にするだけで脳は騙されてしまうので

食事を食べるときは笑いたい。

最初に笑うだけで腸内も唾液もすべて一瞬で変わるので

まず笑って唾液を出してそのあとに食べる

それだけで免疫も上がり恒常性が保たれる

だから、子供を叱ったり

パートナーとケンカして無口でものも言わず

むすっと食べるのは最悪なのだ


さて振動に話を戻そう

天の情報のことを天気という

つまり

気=情報=香

振動の正体は香りである

香りは見えないがちゃんとある・・・

例えば・・

みつばちは香りで花によって来るが

鼻が付いているわけではなく

風下だけではなく風上にいても感知して花をみつける

振動だから360度伝わるのである

麻薬犬にしても同じだ。

密閉したボトルに入ったものも、

匂いが漏れていないのになぜわかるのだろう?

つまり

匂いではなくそのものの持つ振動を感知するのだ

人間も同じ・・

一人一人私たちは違った香=振動を持つ

だから警察犬は犯人を追うときに空中をクンクンせず

地面をクンクンする・・

それはその人の足の振動を追うから…

人が死ぬと「死臭」がするという

それまでは皆違う匂いをもつ・・・

最近匂いやホルモン占いも出てきているけど・・

それぞれが特有の匂いをもつという

だから・・・

お葬式には「お香典」をもっていくのだときいて

鳥肌がたった・・

お墓にビールを持って行った時も

栓を開けるし、おつまみの袋もあける

つまり・・

ご先祖様は匂いを味わうのだそうだ・・。


香りというものについて

うっすらと・・・わかりかけてきたと思う・・

生命のことでなのだ・・・

生命の根源

その肉体に気として宿る…目に見えないが存在させているサトルエネルギー

それがスピリット、魂、などと言われる気

その正体は「香」だったのだ・・・

その香りだけを植物の種から抽出すると

もう発芽しない・・

そういうことも証明されている

ではいったいそんな生命そのものを取り出すことができるのか?

実は最近それが可能になり

私の手元にあり

明日試飲会が開かれます…

場所は豊橋の知人のお宅…

未来からの贈り物

興味ある人だけにこっそりとご紹介したいと思います…

気というものが何なのか・・


「体」に良いものにもうだまされるのはやめましょう

体だけではなく、健康に良いものをこれからは考える時代

魂、生命、気、の方にも影響があるものなので

副作用もないし、栄養成分もありません。

当然、肉体にも奇跡的な効果を出します


純粋な生命体から抽出した香り

百聞は一見に如かず!

21世紀の病気の治療法は目に見えないのです…


お問い合わせお申し込みはこちら

ぽちとひと押しお願いします







吉方取るなら滝や湧水~命を育むソマチット~

先日波動を共鳴させることで体のバランスをとる
素晴らしい体験をさせていただきました。
こんな機械です


体のそれぞれの細胞は生きていてそれぞれに活動しながらも
ひとつの私という体を作っている図は
宇宙の中に存在する自分のようだと
「はじめての気学」で話したことを身をもって体験させてもらえている感じでした。

宇宙も生きています

吉方を取るというその行為が
どういう意識でされると良いのかを
初級のクラスで確認したのですが
その時にあるヒントをいただきました。

ルルドの水を飲むと病気が治ったりするのは
「ソマチット」という生命体がたくさん入っているかだそうで
この生命体は人間の血液の中に入っていて
滝とか、山とか森林の中のマイナスイオンのいっぱいあるところで活性化するのだそうです。

気は目に見えないけど
ソマチットのことかなという気がします。



このメビウス運動
まさに気学の遁甲盤の一白から九紫への動きもそうなのです。

空海も超能力を得るために瞑想すること、山中に住むこと
ベジタリアンであること、滝に打たれる修行と言っているのは
ソマチットがたくさん入ってくるからだとか。

インドの聖典ウパニシャドでは地の中に神が住んでいると書かれているそうです。
だからヒマラヤの水が流れてくるガンジス川で
神様が沐浴すると言われているのですね。

すべての環境の中にいるそうです。

普段は殻をかぶっているけど岩の中で眠っていて
岩清水の中にはソマチッとが流れ出てくるそうです。

明日は早速{湧水」をくみに行こうと思います。

吉方を取るなら森林や滝

私たち日本人はこういう環境に恵まれていますものね。






マインドズームの掲示板が新しくなりました

マインドズームの掲示板
新しくなりました。

2014年の講座の日程も出ています

2014年講座の日程

ご活用くださいね。

新・良妻賢母のすすめ



離婚するかもしれない・・・

という話を2件も立て続けに聞きました・・・

私は2度離婚しているので

離婚が良くないとは言いませんが

それでも子どもがいたりして

できればもう一度頑張ってほしい!

そういう方に今お薦めしている本がこれです。

夫がお金を入れてくれない

夫に虐待される

浮気された

というような場合でも修復は可能です。

自分の成長のためにすべてのことは起きているので

自分が変わることで現象が大きく変わっていくことでしょう。

中古なら送料入れても400円位。

ダイジェスト盤なら1円で売っています。

だから騙されたと思って世の中の女性に読んで欲しい・・・

結婚前の人でも読めるバージョンもあります。

やっぱり女性で生まれた以上は

女性らしく愛されて生きる

そういう体験をしてほしいなと。

ひとりで悩んでないで

いつでも御相談ください。

テーマ : 占いカウンセリング
ジャンル : 心と身体

まず子どもを幸福にしようってこういうこと


きのくに子どもの村の教育―体験学習中心の自由学校の20年きのくに子どもの村の教育―体験学習中心の自由学校の20年
(2013/07)
堀 真一郎

商品詳細を見る



こういう環境や、

考え方が実際にあることを世間は知らないから

私自身テレビで見た時は信じられなかったし

実際娘が通うようになって

海外なども探したけど

この学校以上の学校はないと思う。

先日ここの運動会に行ったけど

親って普通市民運動会でも出たくないけど

ここのは別。

地元の人も親も

子どもが企画したこの運動会に

引き込まれるように並んで参加してしまう・・

その後の夜更かし会で

保護者同士の交流会があったんだけど

普通の学校のPTAのような面倒さがなく

本音で語り合える素晴らしい親たちがいっぱい。

全国から来ているだけに

先生も素晴らしければ、理解ある親も素晴らしい

でもなんといってもやっぱり子供たちが素晴らしい。

うちの娘は先日スコットランドのここの姉妹校から帰ってきて

運動会に参加したときも

ずっと小さい子の面倒を見てた・・・

家では甘えっ子で何でも親にやってもらえないとできない子なのに

学校ではてきぱきとまるで別人のように。

彼女の優しさがそこでは自然に発揮されていて

自信に満ちている・・・。

仕事がとっても丁寧だからか・・ペースがのろいぶん

公立の学校にいた時は女子からのいじめや

女の先生のヒステリーにもあったりして・・・

勉強も大っきらいだったのに

もっと勉強がしたいと

弟のチャレンジを寮に持っていった時は驚いた。

英語なんて・・・ペースが遅いとぼやいている・・・。

この本を読むとその謎が一気に解けた・・・

すごく計算されていて

すごく良い人に恵まれて

有難い環境なんだと・・・・。

本当の自由って何なんだろうってわかる一冊で

子どもが自由な分、教師たちの忙しさといったらないのに

先生たちは穏やかで人間的に完成されている人が多い・・・。

今の教育やスポーツ界も、気合いとか

体罰とか・・・指導するような資格のない人が多すぎる

女性の先生は恋人と喧嘩したら生徒に当たるし

親だって、何でも先回りしていろいろ与えすぎるから

子どもたちは失敗する機会もなければ

社会的なルールを学ぶ貴重な機会さえなかったりする。

来年から地元の公立小学校の運動会で

組み体操が無くなった・・・

危険なことはやめようというのだ・・・。

この学校は一年生でも包丁も持つし、のこぎりも使う。

宿題もない

テストもない

チャイムもない

でもお菓子が出る・・・

世界一自由な子どもにとって素晴らしい学校について

ぜひ知ってもらいたいと思う

先生と呼ばれる人もなく

教えない教育なのでやり方など生徒たちが自分で考える

感情が自由である

知性が自由である

そして人間関係の面で自由な子どもは

良く笑い、良く考え、共に生きることを楽しむのだ









幸せに楽々と自由に生きられるようになる本

自分の問題は自分で解決するというスタンスで
ずっとやってきているんだけど
それでも、人は誰かに決めてもらいたいとか
癒されたいとか
過去の辛い体験や今の苦しみを話して楽になりたいと思うみたいで
私自身も5年くらい前まではそういうところにいたので
「そこから出てこっちにおいでよ」
とずっと言い続けてきているんだけど
伝わらないもどかしさ・・
力量不足の反省と
その人のタイミングを待つしかないという忍耐と
人は自分の見たいように、聞きたいようにしか聞かないという脳の癖など
本当にいろいろある中で
解決に導いてくれる本に出会った。

読むだけで波動があがる・・・。
変換

ただもう先週完売してしまったので
どうしても手に入れたい方がいらっしゃったら
情報をお伝えしたいと思います。

この本はまわし読みができず
一人一冊手にするものなので
私も子供たちに購入してあげたいと思っています。

変換さんのHPです。



テーマ : 幸せになる考え方
ジャンル : 心と身体

空腹が人を健康にする

南雲吉則さんの「空腹」が人を健康にするを

読んでいます。

私は松田 麻美子 さんの著書なども好きで

ある時から朝はフルーツだけ

フルーツは食後ではなく、食前に食べるなどを実践していましたが

さすがに、全部野菜とフルーツだけという食事は

家族もいて難しく感じたのですが

この本は共感できるところが大です。

基本的には何を食べてもOKで

一日一食」にするだけで

「体の傷んだところが修復される」

「自分の適正体重になる」

「皮膚年齢がどんどん若返る

なんて

誰でも真似できますよね。

魚とか丸ごとを食べるというのも

マクロビにも通じるところがありますし

サプリも副作用があるというのがいいですね・・・

私は食品から栄養を取りたいのでサプリも全くとってません。

やりながらたまに不安になることもあったのですが

お医者さんからの立場ですし

なんかとっても理にかなっていて安心しました。

YOGAをする人も一日1食くらいですが

とっても元気だったりします。

食べすぎの方が病気を引き起こすのはわかりますが

ベジタリアンなどをしていると

栄養が足りないんじゃないかと母などにも心配されてましたが

この本は母も弟なども薦めてもいないのに読んでくれていたので

一緒に食事をするときに楽です。

家族で理解者が増えると良いですよね。

車生活が長いのでなかなか歩かないのですけど

子どもと一緒に通学路を歩くようにしています。

食べて歩く。

とってもシンプルですがこの冬は風邪もひかず

家族中インフルエンザにもならず過ごせました。

空腹の時のコーヒーも良くないとのこと。

家族もいて1食が難しかったら量を減らしていくだけでも

かなり効果があるようです。

第一、一日1食にしたら献立が楽で時間もあまります。

3食作る日々って結構大変でした。

昨年の夏、ケアンズで子どもとホームステイして

買いに行って、作って食べるだけで一日終わってしまうくらいでした。

昔は食べなさいなんて叱られたこともないくらいでしたが

今の子はおやつもあり、飽食で

「早く食べなさい」は親にとってもストレス

うちの子も、朝は食べなくても良いくらいにしていたら

土日なんかは2食にすると好き嫌いも言わず良く食べます。

お腹がすいているということは

本当になによりです。








ご案内
最新記事
↓こちらもひと押しお願いします
お薦めの本
過去の記事
無料メールセミナーはこちら
メルマガ購読・解除
 
プロフィール

心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)

Author:心をプラスにする開運コンサルタント國友秀夏(shucca)
マインドズーム代表
村山幸徳先生の
「正位気学会」
認定スーパーバイザー
TOEファシリテーター
(認知心理学、行動心理学)
九星気学、姓名鑑定、易、
家相、顔相、などを学ぶと
運勢がよく分かり、
心が前向きになり
問題や悩みが
ご自身で解決できるように
なります。
宇宙のリズムを知り、
潜在的な能力をあげ、
吉を取り入れると
幸福な毎日を送れるように
未来はガラっと変わります。
コンサルタント、鑑定士
カウンセラーや
運勢学の講師になれるよう、
初心者から鑑定者レベルまで
様々な講座をskypeで
開催しております。
音声をダウンロードするだけで
自宅でトップクラスの
生きる知恵が学べます
CDでの通信講座もございます。
通勤や家事の間にも
気軽に学べます
岐阜在住
二児の母

お薦め書籍
カテゴリ
RSSリンクの表示